"六"がつく言葉

"六"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みろく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)5と1の合計である基数

(2)the cardinal number that is the sum of five and one

さらに詳しく


言葉〇六
読みれいろく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大阪府の大阪市・豊中市・吹田市・守口市・東大阪市と兵庫県尼崎市の市外局番号。
「ぜろろく(06,〇六)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉一六
読みいちろく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)博打(バクチ)や双六(スゴロク)で、二つのサイコロを振って一と六の目が同時に出ること。

(2)強盗の隠語。

(3)一六日の略称。

(4)一六銀行の略称。

(5)一六勝負の略称。

さらに詳しく


言葉丈六
読みじょうろく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)仏身の等身大。
釈迦(シャカ)の身長(仏身)は常人の倍量で、一丈六尺あったとされる。
ただし、中国の周時代の尺度で、実際にはその約4分の3で、常人は1.82メートル、釈迦は3.64メートルほどになる。
また、実際の仏身は無際限ので、衆生(シュジョウ)を済度(サイド)するために出現する仮の応身(オウジン)の大きさとする。

(2)一丈六尺(1丈6尺)の略称。 約4.85メートル。

(3)(転じて)仏像の標準の高さ。 また、仏像の高さの単位で、2倍・5倍・10倍、または1/2・1/4・1/10などに造られる。 ただし、多くは結跏趺坐(ケッカフザ)の姿に造るので座高が八~九尺となり、この場合は「半丈六」と呼ぶ。

(4)(転じて)あぐら(胡床)の別称。

さらに詳しく


言葉六つ
読みむっつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)5と1の合計である基数

(2)the cardinal number that is the sum of five and one

さらに詳しく


言葉六信
読みろくしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)イスラム教徒(ムスリム)が信ずること。

さらに詳しく


言葉六十
読み
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)3かける20の一組

(2)10と6の積である集合数

(3)a set with 3 times 20 members

(4)the cardinal number that is the product of ten and six

さらに詳しく


言葉六原
読みろくはら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)岩手県金ヶ崎町にあるJP東日本東北本線の駅名。

さらに詳しく


言葉六合
読みろくごう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)静岡県島田市にあるJP東海東海道本線の駅名。

(2)存在するすべてのもの

(3)everything that exists anywhere; "they study the evolution of the universe"; "the biggest tree in existence"

さらに詳しく


言葉六名
読みむつな
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)愛知県岡崎市にある愛知環状鉄道の駅名。

さらに詳しく


言葉六因
読みりくいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)能作因・倶有因・同類因・相応因・遍行因・異熟因の総称。
物事を生じさせる内的または直接的な原因(因)を6種に分類したもの。

さらに詳しく


言葉六国
読みりっこく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国の戦国時代の六つの諸侯の国。斉(Qi)(セイ)・楚(Chu)(ソ)・燕(Yan)(エン)・韓(Han)(カン)・魏(Wei)(ギ)・趙(Zhao)(チョウ)の総称。
六国は合従(ガッショウ)・連衡(レンコウ)などいろいろな手段で秦(シン)に対抗した。
「りくこく(六国)」,「ろっこく(六国)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉六天
読みろくてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)六欲天の略。

さらに詳しく


言葉六実
読みむつみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)千葉県松戸市にある東武野田線の駅名。

さらに詳しく


言葉六尺
読みろくしゃく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)江戸城中で、走り使い・水汲みなどに従事した下男(ゲナン)・下僕(ゲボク)。

(2)江戸時代、力仕事や雑役に従事する人夫(ニンプ)。 輿(コシ)や駕籠(カゴ)をかついだ人足(ニンソク)、掃除夫・賄方(マカナイカタ)など。

(3)(特に)駕籠舁(カゴカキ)。

(4)一尺の六倍。一間(イッケン)。 曲尺(カネジャク)で約1.8メートル、鯨尺(クジラジャク)で約2.3メートル。

(5)六尺棒で小間物(コマモノ)をかついで売り歩いた行商人。

さらに詳しく


言葉六度
読みろくど
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)正午頃

(2)7回の時祷の4番目

(3)the fourth of the seven canonical hours; about noon

さらに詳しく


言葉六感
読みろっかん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)本能的に知る(合理的な方法を使用せずに)

(2)問題解決の一部としての、突然の直観

(3)instinctive knowing (without the use of rational processes)

(4)a sudden intuition as part of solving a problem

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉六指
読みむさし
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)遊戯の一種。
一方が白の碁石を三個、他方が黒を三個盤上に置き、縦横数本の線をたどりながら、自分の石を三個連ねた方が勝となるもの。
「六つ六指」とも呼ぶ。

(2)十六六指(ジュウロクムサシ)の略。

(3)子供の遊びの一つ。 地面に大路・小路を描き、銭を投げて勝負を争うもの。

さらに詳しく


言葉六日
読みむいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)数えられる連続するものの6番目

(2)6分の1

(3)1つ音符とそれから離れた他の6つの音符との間の音程

(4)one part in six equal parts

(5)the musical interval between one note and another six notes away from it

さらに詳しく


言葉六曜
読みろくよう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)江戸時代以降の民間暦。太陰暦を用い、吉凶をもとめる基準とする六つの日。
先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種。
「六輝(ロッキ)」とも呼ぶ。〈読みと吉凶〉
<1>先勝(せんしょう,せんかち,さきがち)
 急用や訴訟などによいとされ、早く事を行うのがよい日。
午前は吉、午後は凶とする。
 「先勝日(センショウニチ)」とも呼ぶ。
<2>友引(ともびき)
 何事も相引(アイビキ)で勝負なしという日。朝晩は吉、昼は
凶とする。
 江戸幕末ころ、陰陽道(オンヨウドウ)の友引方と混同され、こ
の日に葬式を出すことを忌む俗信ができた。
 「友引日(トモビキニチ)」とも呼ぶ。
<3>先負(せんぶ,せんまけ,さきまけ)
 この日は平静を守って、急用・公事(クジ)・争い事などを
忌むという日。午前は凶、午後は吉とする。
 「先負日(センブニチ)」とも呼ぶ。
<4>仏滅(ぶつめつ)
 万事に大凶で、勝負なしという日。婚礼などの祝儀を忌む。
 「仏滅日(ブツメツニチ)」とも呼ぶ。
<5>大安(たいあん,だいあん)
 旅立ち・移転・開店・結婚など、万事に吉とする日。
 「大安日(タイアンニチ)」,「大安吉日(キチジツ,キチニチ)」とも呼ぶ。
<6>赤口(しゃっこう,しゃっく,じゃっく)
 大凶の日であるが、正午のみ吉とする。
 「赤口日(シャックニチ,シャッコウニチ)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]