暗号

暗号文

暗号 暗号文には主に文字を別の文字、記号に置き換える換字式暗号と、文字を様々な法則に従って並び替える転置式暗号がある。
ここではそれぞれの暗号文についての解説と事例、解読方法や自動変換機能の提供を行っています。
みなさんが他人に知られたくない文章を暗号化したいときに活用していただければ幸いです。

換字式暗号

換字(かえじ)式暗号とは文字を置き換えることで元の文章を分からなくする暗号化の方法。辞書の順番に従って一定の文字数ずらしていくカエサル暗号(シーザー暗号)や、暗号キーを使って特定の法則に従って文字を置き換えるヴィジュネル暗号等がある。
カエサル暗号のような暗号文の文字が常に同じ文字になる単一換字式暗号と、ヴィジュネル暗号のような複雑な多表式による暗号に分かれる。

転置式暗号

転置式暗号 転置(てんち)式暗号は元の文字を並び替えることでて暗号文を作成する暗号のこと。図形を使って並び変えるもの、特定の道具を使って暗号化するものなどがある。
転置式は元の文字がそのまま並び変えられているだけであるが、文字数が多いと文字数の階乗パターン存在することになる。例えば10文字であれば10の階乗で3,628,800パターンもありこれだけ見ると解読は非常に困難に思えるものである。