"七"がつく言葉

"七"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みしち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)6と1の合計である基数

(2)the cardinal number that is the sum of six and one

さらに詳しく


言葉七つ
読みななつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)午後遅くに開く花を持つ、オシロイバナ属の数種の植物の総称

(2)6と1の合計である基数

(3)any of several plants of the genus Mirabilis having flowers that open in late afternoon

(4)the cardinal number that is the sum of six and one

さらに詳しく


言葉七三
読みしちさん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)歌舞伎(カブキ)・芝居(シバイ)の花道(ハナミチ)で、舞台へ三分、揚げ幕へ七分の位置。
ここで役者が立ち止まって台詞(セリフ)を言ったり見得(ミエ)を切ったり、鼈(スッポン)から現れたりする。

さらに詳しく


言葉七井
読みなない
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)栃木県益子町にある真岡鐵道真岡線の駅名。

さらに詳しく


言葉七仏
読みしちぶつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)七仏薬師の略。

(2)過去七仏の略。

さらに詳しく


言葉七僧
読みしちそう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)法会(ホウエ)で重要な役目を勤める七種の役僧。
講師(コウジ)・読師(トクシ)・呪願師(ジュガンシ)・三礼師(サンライシ)・唄師(バイシ)・散華師(サンゲシ)・堂達(ドウタツ,ドウタチ)の総称。
また、一説に呪願師・導師・唄師・散華師・梵音師(ボンオンシ)・錫杖師(シャクジョウシ)・堂達。
<1>講師:仏前の右高座に登り経論を講説する。
<2>読師:仏前の左高座に登り経典を読む。
<3>呪願師:食事のあと施主の祈願を体した呪願文を読む。
<4>三礼師:仏法僧または三尊への帰依礼拝を主導する。
<5>唄師:梵語(サンスクリット)の経文を曲調をつけて詠ずる。
<6>散華師:花をまいて仏を供養する。
<7>堂達:式場で伝達などの諸事・雑務を行い、呪願師・導師に呪願文・願文を渡す。

(2)七人の僧。

さらに詳しく


言葉七十
読み
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)10と7の積である基数

(2)the cardinal number that is the product of ten and seven

さらに詳しく


言葉七厘
読みしちりん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)珪藻土(ケイソウド)製のコンロ(焜炉)。
炭(スミ)・練炭(レンタン)などを燃料に煮炊きに使用する。

さらに詳しく


言葉七去
読みしちきょ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(古代中国および日本の律令法で)妻を離婚できる七つの条件。
これらの内、一つでもあれば離縁(リエン)をしてもよいとされた。
<1>夫の両親に従順でない。
<2>子を産めない。
<3>おしゃべりである。
<4>盗みをする。
<5>品行がみだらである。
<6>嫉妬(シット)深い。
<7>直りにくい病気がある。
「七出(シチシュツ)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉七口
読みななくち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)高野七口。
高野口(コウヤグチ)など。

(2)鎌倉七口。

(3)京都七口。

さらに詳しく


言葉七味
読みしちみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)七味唐辛子の略称。

さらに詳しく


言葉七和
読みななわ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)三重県桑名市にある三岐鉄道北勢線の駅名。

さらに詳しく


言葉七堂
読みしちどう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)寺院に備わっている建物。
「七堂」は「悉堂(シツドウ)」のことで、建物の完備した寺の意味ともいう。宗派によって建物の名称も種類も異なる。
南都六宗では、金堂・講堂・塔・食堂(ジキドウ)または中門・経蔵・僧坊・鐘楼。
禅宗では、仏殿・法堂・三門・庫院・僧堂・浴室・東司(トウス)。
「七堂伽藍(ガラン)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉七塚
読みななつか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)広島県庄原市にあるJP西日本芸備線の駅名。

さらに詳しく


言葉七夕
読みたなばた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)五節句の一つ。七月七日の夜におこなう祭り。

さらに詳しく


言葉七官
読みしちかん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)1868(慶応 4.閏4.)古代官制にならって政体書(セイタイショ)により設置された中央官庁の総称。
議政官・神祇官・行政官・会計官・軍務官・外国官・刑法官の七つ。
1869(明治 2. 7.)官制の改革により2官6省(神祇官・太政官・大蔵省・兵部省・外務省・民部省・刑部省・宮内省)に改編。

さらに詳しく


言葉七宝
読みしっぽう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)愛知県あま市にある名鉄津島線の駅名。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉七尾
読みななお
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)石川県七尾市にあるJP西日本七尾線の駅名。

さらに詳しく


言葉七度
読みななたび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)七回。また、多くの回数。
「ななど」とも読む。

さらに詳しく


言葉七慢
読みしちまん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)煩悩(ボンノウ)の一種。他者と比較して起こる、七つの驕(オゴ)り高ぶる心。
<1>慢。
<2>過慢。
<3>慢過慢。
<5>増上慢。
<6>卑慢。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]