"王"がつく言葉

"王"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)非常に裕福で権力のある実務家

(2)男性の君主

(3)王国の支配者

(4)優位な位置をつかむ競争相手

(5)a very wealthy or powerful businessman; "an oil baron"

さらに詳しく


言葉二王
読みにおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)仏法を守る神として寺の門の左右に置かれる一対の金剛神。
右を那羅延(ナラエン)金剛または右弼(ウヒツ)金剛、左を密迹(ミッシャク)金剛または左輔(サホ)金剛という。また、右の口を開いた阿形(アガタ)を金剛像、左の口を閉じた吽形(ウンガタ)を力士像という。
「仁王尊」,「二王金剛」,「二天(ニテン)」,「金剛力士(コンゴウリキシ)」とも呼ぶ。

(2)中国晋代の書家、王羲之(Wang Xizhi)(オウ・ギシ)とその子王献之(Wang Xianzhi)(オウ・ケンシ)のこと。

(3)中国晋代の王戎(Wang Rong)(オウ・ジュウ)と王衍(Wang Yan)(オウ・エン)のこと。

(4)中国の周代、夏(カ)・殷(イン)の子孫である杞(キ)・宋(ソウ)のこと。

(5)愛染明王(アイゼンミョウオウ)と不動明王。

さらに詳しく


言葉京王
読みけいおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)京王帝都電鉄の略称。

さらに詳しく


言葉仁王
読みにおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)仏法を守る神として寺の門の左右に置かれる一対の金剛神。
右を那羅延(ナラエン)金剛または右弼(ウヒツ)金剛、左を密迹(ミッシャク)金剛または左輔(サホ)金剛という。また、右の口を開いた阿形(アガタ)を金剛像、左の口を閉じた吽形(ウンガタ)を力士像という。
「仁王尊」,「二王金剛」,「二天(ニテン)」,「金剛力士(コンゴウリキシ)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉借王
読みしゃっきんぐ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)物凄く借金している人のこと。

さらに詳しく


言葉六王
読みりくおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)古代中国の春秋・戦国時代の斉(Qi)(セイ)・楚(Chu)(ソ)・燕(Yan)(エン)・韓(Han)(カン)・魏(Wei)(ギ)・趙(Zhao)(チョウ)の王(諸侯)の総称。

(2)古代中国の周(Zhou)(シュウ)の文王(Wen Wang)・武王(Wu Wang)・成王(Cheng Wang)・厲王(Li Wang)(レイオウ)・宣王(Xuan Wang)・幽王(You Wang)の総称。

(3)古代中国の夏(Xia)(カ)の啓王(Qi Wang)、殷(Yin)(イン)の湯王(Tang Wang)、周の武王・成王・康王(Kang Wang)・穆王(Mu Wang)(ボクオウ)の総称。

さらに詳しく


言葉医王
読みいおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)薬師如来の別称。

(2)仏陀(ブッダ)(釈尊)または菩薩(ボサツ)の別称。 素質・能力に応じた説法で衆生(シュジョウ)を済度(サイド)する(人々を救う)ことを、病に応じてさまざまな薬で治(ナオ)す医師にたとえた言葉。 「医王如来」とも、また仏陀を「大医王」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉十王
読みじゅうおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)茨城県日立市にあるJP東日本常磐線の駅名。

さらに詳しく


言葉君王
読みくんのう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)王国の支配者

(2)国家の支配者、または、国家元首で、たいていは世襲の権利による

(3)男性の君主

(4)ruler of a kingdom

(5)a nation's ruler or head of state usually by hereditary right

さらに詳しく


言葉国王
読みこくおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)男性の君主

(2)王国の支配者

(3)ruler of a kingdom

(4)a male sovereign; ruler of a kingdom

さらに詳しく


言葉天王
読みてんのう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)秋田県潟上市にあるJP東日本男鹿線の駅名。

さらに詳しく


言葉女王
読みじょおう
品詞名詞
カテゴリレクリエーション、ゲーム
意味

(1)女王の絵を持つトランプの4枚の絵札のうちの1枚

(2)女性の統治支配者

(3)その役目は卵を産むこと

(4)社会性昆虫、例えばミツバチ、アリ、シロアリの群れの唯一の繁殖力のある雌

(5)最強のチェスの駒

さらに詳しく


言葉小王
読みしょうおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)三十三身(サンジュウサンシン)の一つ、五人身(ゴニシンシ)の一つ。
「小王身」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉山王
読みさんのう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)愛知県名古屋市中川区にある名鉄名古屋本線の駅名。

(2)福井県永平寺町にあるえちぜん鉄道勝山永平寺線の駅名。

さらに詳しく


言葉帝王
読みていおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)国家の支配者、または、国家元首で、たいていは世襲の権利による

(2)帝国の男性の統治者

(3)the male ruler of an empire

(4)a nation's ruler or head of state usually by hereditary right

さらに詳しく


言葉徳王
読みとくおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国の内モンゴル独立運動の指導者(1902. 2. 8~1966. 5.23)。
チャハル盟(察哈爾盟)西スニト旗(スニト右旗)(*)の領主の子として正白旗(Zhengbai Qi)に生れる。
日本の関東軍の支援を受けて蒙古軍総司令部を組織し、1936. 5.(昭和11)挙兵して百霊廟鎮(Bailingmiao Zhen)に進出。11.14綏遠(Suiyuan)(スイエン)に攻撃を開始し、11.18壊滅的な打撃を受け、11.23拠点の百霊廟鎮が陥落して敗走(綏遠事件)。
1937.10.27(昭和12)徳王は蒙古連盟自治政府を樹立宣言し、臨時主席に就任して、首都を厚和市(Houhe Shi)(現:呼和浩特市)に定める。
1939(昭和14)蒙古連盟と察南政庁・晋北政庁の3つの自治政府を統合して蒙疆連合自治政府(Mengjiang United Autonomous Government)を樹立。1941(昭和16)主席に就任。
1945(昭和20)日中戦争後、蒙疆聯合自治政府は崩壊。
内モンゴル西部で独立運動を続ける。(*)西スニト旗(西蘇尼特旗)は錫林郭勒盟(Xi-linguole Meng)「蘇尼特右旗(Suniteyou Qi)」の俗称。

さらに詳しく


言葉斎王
読みさいおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天皇の即位ごとに選定され、伊勢神宮や賀茂神社に奉仕した未婚の内親王または女王。
天照大神(アマテラスオオミカミ)の御杖代(ミツエシロ)として大祭に仕え、ときに託宣する。斎王の制度は『延喜式』に詳細に規定さている。二歳で斎王に選ばれたものもいる。
天皇即位の年に未婚の内親王・女王の中から斎王が卜定(ボクジョウ)され、宮城内に設置されて初斎院で3年間潔斎したあと、一年間野宮(ノノミヤ)に籠(コモ)る。
伊勢神宮に奉仕したものを「斎宮(イツキノミヤ,サイグウ)」、賀茂神社に奉仕したものを「斎院(サイイン,イツキノイン)」と区別される。
「いつきのみこ(斎王)」,「斎内親王」,「いつき(斎)」,「みつえしろ(御杖代)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉日王
読みいるわん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)日本の天皇をさす韓国語。

さらに詳しく


言葉明王
読みみょうおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)忿怒(フンヌ)の相を現し、諸悪魔を降伏(ゴウブク)する諸尊。
五大明王は不動(フドウ)・降三世(ゴウザンゼ)・軍荼利夜叉(グンダリヤシャ)・大威徳(ダイイトク)・金剛夜叉(コンゴウヤシャ)で、中東南西北を守る。
他に愛染(アイゼン)・大咲・大輪・馬頭・無能勝・歩擲・穢迹など。

さらに詳しく


言葉武王
読みぶおう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)周王朝、戦国時代の秦(Qin)(シン)の第27代の王。在位:BC. 311~BC. 307。名は蕩(Dang)(トウ)。

(2)周王朝、春秋時代の楚(Chu)(ソ)の第17代の王。在位:BC. 740~BC. 690。名は熊通(Xiongtong)(ユウトウ)。

(3)古代中国、周(Zhou)王朝の始祖。紀元前11世紀ころ。姓は姫(Ji)(キ)、名は発(Fa)。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]