"天"で始まる3文字の言葉

"天"で始まる3文字の言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉天の原
読みあまのはら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)地球から見られる大気と宇宙

(2)the atmosphere and outer space as viewed from the earth

さらに詳しく


言葉天の川
読みあまのがわ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)各々が多くの星と星雲とちりを持っている何億ものシステムのどれでも

(2)星系の集まり

(3)any of the billions of systems each having many stars and nebulae and dust

(4)a collection of star systems

(5)(astronomy) a collection of star systems; any of the billions of systems each having many stars and nebulae and dust; "`extragalactic nebula' is a former name for `galaxy'"

さらに詳しく


言葉天の河
読みあまのがわ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)星系の集まり

(2)各々が多くの星と星雲とちりを持っている何億ものシステムのどれでも

(3)any of the billions of systems each having many stars and nebulae and dust

(4)a collection of star systems

(5)(astronomy) a collection of star systems; any of the billions of systems each having many stars and nebulae and dust; "`extragalactic nebula' is a former name for `galaxy'"

さらに詳しく


言葉天ぷら
読みてんぷら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)野菜・魚介類を練り粉にくぐらせて油で揚げたもの

(2)vegetables and seafood dipped in batter and deep-fried

さらに詳しく


言葉天パー
読みてんぱー
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天然パーマ(パーマネント)の略称。

さらに詳しく


言葉天ヶ瀬
読みあまがせ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大分県日田市にあるJR九州久大本線の駅名。

さらに詳しく


言葉天一神
読みなかがみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)陰陽道(オンヨウドウ)でまつる暦神の一つ。十二神将の主将の天一神、或いは地星の霊という。
悪い方角を巡(メグ)って、その方角を塞(フサ)ぐ守護神。
この神は己酉(ツチノトトリ)の日に天から降(クダ)り、家の東北の隅(スミ)にあること六日、乙卯(キノトウ)の日に正東に移って五日、順次に東南の隅・正南・西南の隅・正西・西北の隅・正北と巡り、四方には五日・四隅には六日づつ、戊申(ツチノエサル)までの合計44日地上にあって、癸巳(ミズノトミ)の日に正北から天に上り、天上にあること16日、再び己酉の日に地上に下り遊行(ユギョウ)する。
この神が地上にある遊行の方角を「塞(フサガリ)」と呼び、その方角に向って事を行なうことを忌(イ)み、その日他出(タシュツ)するときは方違(カタタガ)えをする。
この神の天にある間を「天一天上」といい、八方いづれへ出かけても障(サシサワ)りなく吉とする。かわりに日遊神(ニチユウシン)が地におりて人家にとどまって祟(タタ)りをするので、この間は屋内を清潔にせよともいう。
「天一神(テンイチジン)」,「天一」,「さすがみ(指す神,差す神)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉天上山
読みてんじょうさん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)伊豆七島の神津島(コウヅシマ)にある火山。標高574メートル。

さらに詳しく


言葉天上界
読みてんじょうかい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)神と天使の住まい

(2)the abode of God and the angels

さらに詳しく


言葉天下丸
読みてんかまる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)安宅丸の別称。

さらに詳しく


言葉天下人
読みてんかびと
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天下の政権を取った人。
「てんかにん(天下人)」,「天下取り」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉天下取
読みてんかとり
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)統治し命令する人

(2)a person who rules or commands; "swayer of the universe"

さらに詳しく


言葉天中節
読みてんちゅうせつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)陰暦五月五日の午(ウマ)の刻の称。

(2)陰陽道(オンヨウドウ)・俗信で用いる守り札。 陰暦八月の朔(ツイタチ)(一日)、日の出前に門柱などに貼り出す。火災・盗難・疫病・口舌の災いを払(ハラ)うと信じられている。

さらに詳しく


言葉天井川
読みてんじょうがわ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)河床(カショウ,カワドコ)が周囲の土地よりも高くなった河川。
ふつう高い堤防(テイボウ)を築いたことにより、河川の運搬(ウンパン)した砂礫(サレキ)(砂や小石)などが堆積(タイセキ)して生じる。
洪水などにより堤防が決壊(ケッカイ)しやすい。
「天井河川(カセン)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉天人菊
読みてんにんぎく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キク目(Asterales)キク科(Asteraceae)テンニンギク属(Gaillardia)の一年草。北アメリカ原産。
花は中央が橙・紫紅色で先端が黄色。
「ガイラルディア」とも、「特攻花」とも呼ぶ。〈特攻花〉
第二次世界大戦(太平洋戦争)末期に沖縄へ向かう特攻隊の中継基地があった鹿児島喜界島(鹿児島県)の飛行場で、特攻隊員たちが島の娘から贈られたこの花を「ともに散るのは忍びない」と飛び立つ前に滑走路脇に置いたものが根付いたとの言い伝えられ、喜界空港の周辺に群生している。

さらに詳しく


言葉天体暦
読みすてらこよみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)年間を通じた天体の位置を示す表を含む年一回の出版物

(2)an annual publication containing astronomical tables that give the positions of the celestial bodies throughout the year; "today computers calculate the ephemerides"

さらに詳しく


言葉天使長
読みてんしちょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)九天使の第8位。
「大天使」とも呼ぶ。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉天刑病
読みてんけいびょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)熱帯、亜熱帯地方の、伝染性の慢性肉芽腫

(2)らい菌が引き起こす

(3)皮膚下の炎症性小結節と身体の各部の衰えを特徴とする

(4)chronic granulomatous communicable disease occurring in tropical and subtropical regions; characterized by inflamed nodules beneath the skin and wasting of body parts; caused by the bacillus Mycobacterium leprae

さらに詳しく


言葉天削箸
読みてんそげばし
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)飾りとして上端(天)を斜めに削(ケズ)ってある割り箸。

さらに詳しく


言葉天動説
読みてんどうせつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)地球が中心であるというプトレマイオスの仮説

(2)Ptolemy's model of the universe with the Earth at the center

(3)(astronomy) Ptolemy's model of the universe with the Earth at the center

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]