"鬼"がつく言葉

"鬼"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みおに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)残酷で邪悪で冷酷な人

(2)想像上の生き物で、普通は人間や動物の様々な部位からできている

(3)悪魔に取りつかれたようなふるまいをする人

(4)人間を好んで食べる巨人

(5)邪悪な超自然的な存在

さらに詳しく


言葉九鬼
読みくき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)三重県尾鷲市にあるJP東海紀勢本線の駅名。

さらに詳しく


言葉子鬼
読みこおに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ちょっといたずら好きな妖精

(2)fairies that are somewhat mischievous

(3)(folklore) fairies that are somewhat mischievous

さらに詳しく


言葉幽鬼
読みゆうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)頭から離れない経験の心的表象

(2)長い不在の後に戻る人

(3)死からよみがえった誰か

(4)死者の肉体から離れ、目に見える魂

(5)想像上の生き物で、普通は人間や動物の様々な部位からできている

さらに詳しく


言葉悪鬼
読みあっき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)邪悪な超自然的な存在

(2)an evil supernatural being

さらに詳しく


言葉暗鬼
読みあんき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)実際にはいないが、暗がりにひそんでいるような気がする物の怪(モノノケ)。

(2)(転じて)不安や妄想から起こる恐れ。

さらに詳しく


言葉流鬼
読みりゅうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国唐代での、樺太(カラフト)アイヌおよび樺太の呼称。

さらに詳しく


言葉渡鬼
読みわたおに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)世間の様々な“鬼”に苦労させられること。

さらに詳しく


言葉窮鬼
読みいきすだま
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)生きている人の怨霊(オンリョウ)。いきりょう(生霊)。
その人の体を離れて恨(ウラ)みのある人にとりつき、悩ませたり病気にさせたりすると信じられていた。

(2)死霊(シリョウ)。

さらに詳しく


言葉赤鬼
読みあかおに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)全身が真っ赤な鬼。
民話や節分などでは青鬼と一緒に登場する。

さらに詳しく


言葉邪鬼
読みじゃき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)邪悪な超自然的な存在

(2)an evil supernatural being

さらに詳しく


言葉青鬼
読みあおおに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)全身が青い鬼。
民話や節分などでは赤鬼と一緒に登場する。

さらに詳しく


言葉餓鬼
読みがき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)弔(トムラ)う者のいない無縁の亡者。

(2)八難の一つ。

(3)子供の蔑称。 「がきんちょ」とも呼ぶ。

(4)(転じて)食物などに貪欲(ドンヨク)な者。

(5)([梵]preta)生前の悪業(アクゴウ)の報いで、餓鬼道に落ちて飢餓(キガ)の状態にある亡者(モウジャ)(死者霊)。

さらに詳しく


言葉鬼塚
読みおにづか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)佐賀県唐津市にあるJR九州唐津線の駅名。

さらに詳しく


言葉鬼女
読みきじょ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)女の人食い鬼

(2)女性の魔法使いや魔術師

(3)a female sorcerer or magician

(4)a female ogre

(5)(folklore) a female ogre

さらに詳しく


言葉鬼妻
読みきさい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)幽霊(鬼)になった妻。

(2)未亡人。

さらに詳しく


言葉鬼婆
読みおにばば
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)女性の魔法使いや魔術師

(2)女の人食い鬼

(3)a female sorcerer or magician

(4)a female ogre

(5)(folklore) a female ogre

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉鬼子
読みぐいつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(中国で)侵略者に対する蔑称。

さらに詳しく


言葉鬼岳
読みおんだけ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)長崎県の五島(ゴトウ)列島南西端の福江島(フクエジマ)にある火山。標高315メートル。

さらに詳しく


言葉鬼彼
読みきかれ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)不倫関係にある、既婚の彼氏のこと。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]