"蜂"がつく言葉

"蜂"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みはち
品詞名詞
カテゴリ虫・昆虫
意味

(1)社会性・単生種を含む非常に多い毛むくじゃらの昆虫の総称

(2)虫。

さらに詳しく


言葉働蜂
読みはたらきばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)食物を集めて巣を維持するのが専門の不妊ミツバチ

(2)sterile bee specialized to collect food and maintain the hive

さらに詳しく


言葉姫蜂
読みひめばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)幼虫はイモムシや他の昆虫の幼虫に寄生する、ジガバチに似た膜翅目の昆虫

(2)hymenopterous insect that resembles a wasp and whose larvae are parasitic on caterpillars and other insect larvae

さらに詳しく


言葉泣蜂
読みなきっぱち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)悪い状況で、更に悪いことが起きること。

さらに詳しく


言葉熊蜂
読みくまばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ハチ目(膜翅目)(Hymenoptera)コシブトハナバチ科(Anthophoridae)クマバチ亜科(Xylocopa)の大型のハチ。
体長20~25ミリメートルで、体形は丸みを帯び、全体がクマのように黒色毛におおわれ、胸背には黄色の毛がある。
羽音は大きいが攻撃的ではない。
本州以南・朝鮮・中国に生息。
「クマンバチ(熊ん蜂)」とも呼ぶ。

(2)スズメバチ([英]hornet)の俗称。

さらに詳しく


言葉穴蜂
読みあなばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ハチ目(膜翅目)(Hymenoptera)ジガバチ科(アナバチ科)(Sphecidae)の昆虫。

さらに詳しく


言葉胡蜂
読みすずめばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ハチ目(膜翅目)(Hymenoptera)スズメバチ科(Vespi-dae)のハチの総称。
キスズメバチ(黄雀蜂)は東北アジア系、コガタスズメバチ(小形雀蜂)は東南アジア系。
キスズメバチが一番凶暴。
ケブカスズメバチ(毛深雀蜂)はキスズメバチの仲間。

(2)スズメバチ科スズメバチ属(Vespa)のハチ。ケブカスズメバチ(Vespa simillima)の亜種。日本産のハチ類中で最大。 ミツバチなどの昆虫の巣を襲い、蜜や幼虫を奪うこともある。 人畜を攻撃することもあり、交尾をする10月ころが最も危険で、刺されて二度目以降はアナフィラキシー(Anaphylaxie)によって死ぬ場合もある。 俗に「クマバチ(熊蜂)」,「クマンバチ(熊ん蜂)」と呼ぶが、クマバチとは別種。バチ,熊蜂)(1)

さらに詳しく


言葉葉蜂
読みはばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)雌は、宿主の植物の葉や茎の組織に卵を産みつけるノコギリのような産卵管を持つ昆虫

(2)insect whose female has a saw-like ovipositor for inserting eggs into the leaf or stem tissue of a host plant

さらに詳しく


言葉蜂巣
読みはちす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)撚ったわらで作られたドーム形のミツバチの巣

(2)大きな丸い小枝で編んだかご(農場で使われる)

(3)a domed beehive made of twisted straw

(4)a large round wicker basket (used on farms)

さらに詳しく


言葉蜂熊
読みはちくま
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ワシタカ目(Accipitriformes)ワシタカ科(Accipitridae)ハチクマ属(Pernis)の鳥。
全長約60センチメートル。背面は黒褐色だが、個体によって羽色に変異が大きい。顔の羽毛は灰色で、うろこ状に密生する。
姿がクマタカ(熊鷹,角鷹)に似る。
ユーラシア大陸のほぼ全域に生息する渡り鳥で、日本では北海道・本州の低山の森林で繁殖する夏鳥で、秋に東南アジアなどへ渡って越冬する。台湾では留鳥化している。
クロスズメバチの巣を襲って幼虫やサナギ(蛹)を捕食する。ほかにカエル・トカゲ・ヘビ・ネズミなども食べる。

さらに詳しく


言葉蜂腰
読みはちごし
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)非常にほっそりしているウエスト

(2)a very slender waist

さらに詳しく


言葉蜂蜜
読みはちみつ
品詞名詞
カテゴリ食物、蜂蜜
意味

(1)ミツバチの作る甘い黄色い液体

(2)a sweet yellow liquid produced by bees

さらに詳しく


言葉蜜蜂
読みみつばち
品詞名詞
カテゴリ動物、虫・昆虫
意味

(1)社会性・単生種を含む非常に多い毛むくじゃらの昆虫の総称

(2)生成されるハチミツのためにしばしば飼い慣らされる社会性ミツバチ

さらに詳しく


言葉蟻蜂
読みありばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)体には鮮やかな色の柔らかい外皮があり、雌には翅がない

(2)アリバチ科の単生スズメバチ

(3)a solitary wasp of the family Mutillidae; the body has a coat of brightly colored velvety hair and the females are wingless

さらに詳しく


言葉雀蜂
読みすずめばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大きな針で攻撃してくるアシナガバチ

(2)一般的に腹部に細長い体を細い軸で接続しいて、恐るべき針がある社会的であるか孤独な膜翅類の昆虫

(3)social or solitary hymenopterans typically having a slender body with the abdomen attached by a narrow stalk and having a formidable sting

(4)large stinging paper wasp

さらに詳しく


言葉雄蜂
読みおばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)唯一の働きが女王バチと結婚することである、社会性ハチ(特にミツバチ)の群体の針を持たない雄バチ

(2)stingless male bee in a colony of social bees (especially honeybees) whose sole function is to mate with the queen

さらに詳しく


言葉養蜂
読みようほう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)蜂蜜の生産のために商業規模で行われる蜂の養殖

(2)the cultivation of bees on a commercial scale for the production of honey

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉丸花蜂
読みまるはなばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)温帯地域にすむ頑丈で毛むくじゃらな社会性バチ

(2)robust hairy social bee of temperate regions

さらに詳しく


言葉丸鼻蜂
読みまるはなばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)温帯地域にすむ頑丈で毛むくじゃらな社会性バチ

(2)robust hairy social bee of temperate regions

さらに詳しく


言葉似我蜂
読みじがばち
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ハチ目(膜翅目)(Hymenoptera)ジガバチ科(アナバチ科)(Sphecidae)の昆虫の総称。
「アナバチ(穴蜂)」とも呼ぶ。

(2)ジガバチ科の一種。 「コシボソバチ(腰細蜂)」,「スガル」とも呼ぶ。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]