"リス"がつく言葉

"リス"がつく言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉リス
読みりす
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)長い毛のふさふさした尾を持つ一種の木登り齧歯動物

(2)哺乳類。

(3)a kind of arboreal rodent having a long bushy tail

さらに詳しく


言葉イリス
読みいりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天地を結ぶ虹の女神。金の翼(ツバサ)を持つ処女神で、そよ風のように軽やかに飛び、『イリアス』では神々の使者として地上に舞い降りる。
「イーリス」とも呼ぶ。
英語名は「アイリス(Iris)」。

さらに詳しく


言葉エリス
読みえりす
品詞名詞
カテゴリレクリエーション、宗教
意味

(1)不和の女神

(2)アレースの妹

(3)sister of Ares

(4)goddess of discord

(5)(Greek mythology) goddess of discord; sister of Ares

さらに詳しく


言葉カリス
読みかりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(フランス語で)聖杯。

(2)(キリシタン用語で)聖杯。

さらに詳しく


言葉クリス
読みくりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)英語圏の男性名クリストファー(Christopher)の愛称。

(2)英語圏の女性名クリスティアナ(Christiana)・クリスティーナ(Christina)・クリスティーン(Christine)の愛称。

さらに詳しく


言葉グリス
読みぐりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)濃い脂肪油(特に機械に油を差すのに用いられる)

(2)スペインのキュビズムの画家(1887年−1927年)

(3)Spanish cubist painter (1887-1927)

(4)a thick fatty oil (especially one used to lubricate machinery)

さらに詳しく


言葉タリス
読みたりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)英国のオルガン奏者で、教会と非宗教的な音楽の作曲家

(2)W・バードとともに楽譜の印刷の独占権を受けた(1505年−1585年)

(3)was granted a monopoly in music printing with William Byrd (1505-1585)

(4)English organist and composer of church and secular music

(5)English organist and composer of church and secular music; was granted a monopoly in music printing with William Byrd (1505-1585)

さらに詳しく


言葉デリス
読みでりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)いくつかは天然の魚の毒と矢の毒の原料である

(2)ルーツが殺虫剤ロテノンをもたらす熱帯アジアの類概念Derrisの様々な通常樹木の茂ったつる植物のいずれも

(3)several are sources of native fish and arrow poisons

(4)any of various usually woody vines of the genus Derris of tropical Asia whose roots yield the insecticide rotenone; several are sources of native fish and arrow poisons

さらに詳しく


言葉ノリス
読みのりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)米国の作家(1870年−1902年)

(2)United States writer (1870-1902)

さらに詳しく


言葉ハリス
読みはりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)日本のラジオ英語講座の講師(1916~2004. 8.16)。日本名は平柳秀夫。神戸生れ。父はイギリス人(ロンドン・タイムズの極東特派員)、母は日本人。父を失うまではイギリス国籍。
横浜のミッションスクール「セント・ジョセフ・カレッジ」を卒業。
1933(昭和 8)父を失い、英字新聞ジャパン・アドバタイザー(のちジャパン・タイムス)の記者となる。
第二次世界大戦で一時収容され、のち日本兵として応召し中国戦線に従軍。
1946. 5.(昭和21)復員し、ニッポン・タイムスの記者。のちアメリカのフォーチュンの記者。
「大学受験ラジオ講座」(~1995)・文化放送の英会話番組「百万人の英語」などの講師。
著書は『ぼくは日本兵だった』など。

(2)チューインガムを主力とした菓子製造会社。

(3)アメリカの外交官(1804~1878)。

さらに詳しく


言葉パリス
読みぱりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フランスの首都パリの英語名。

(2)トロイアの王子。トロイア王プリアモス(Priamos)とヘカベー(Hekabe)の子、ヘクトル(Hektor)・トロイロス(Troi-los)・カッサンドラ(Kassandra)の兄弟。 アテナ・ヘラ・アフロディテの3柱の女神が美を競った時、その審判をしてアフロディテを最高とした。その報償としてスパルタ(Sparta)王妃へレネ(Helene)を連れ去って妻とし、トロイア戦争の原因を作った。う(トロイア戦争)

(3)アメリカ合衆国中央東部、ケンタッキー州(Kentucky Com-monwealth)中北東部のバーボン郡(Bourbon County)の郡都。

さらに詳しく


言葉ポリス
読みぽりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)郡の行政区

(2)警察官と警官の力

(3)the force of policemen and officers; "the law came looking for him"

(4)an administrative division of a county; "the town is responsible for snow removal"

さらに詳しく


言葉モリス
読みもりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)イギリスの工芸美術家・詩人(1834~1896)。

(2)イギリスの動物行動学者(1928. 1.24~)。

(3)アメリカの哲学者(1901~1979)。 ミード(George Herbert Mead)の弟子。 記号論および意味論の研究で有名。 著書は1938年『記号理論の基礎(Foundations of the theory of signs)』など。

さらに詳しく


言葉ヤリス
読みやりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)トヨタ自動車(株)の小型乗用車ヴィッツ(Vitz)の、ヨーロッパでの販売名。

さらに詳しく


言葉リスク
読みりすく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)比較的小さなセットの実行できるコンピュータ命令をもつコンピュータアーキテクチャーの一種

(2)死やけがを覚悟の上で行う冒険

(3)a kind of computer architecture that has a relatively small set of computer instructions that it can perform

(4)(computer science) a kind of computer architecture that has a relatively small set of computer instructions that it can perform

(5)a venture undertaken without regard to possible loss or injury; "he saw the rewards but not the risks of crime"; "there was a danger he would do the wrong thing"

さらに詳しく


言葉リスト
読みりすと
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)規則正しく配列した項目(名前または案件)を含むデータベース

(2)行と列に配置されたデータの組

(3)物の完全なリスト

(4)橈骨の末端と手根骨の最も近い列の間にある関節

(5)物の一覧が掲載された本またはパンフレット

さらに詳しく


言葉リスプ
読みりすぷ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)リストの形でシンボルを操作する柔軟性のあるプロシージャ型プログラミング言語

(2)sを無声音のth、zを有声音のthと発音するような言語障害

(3)a flexible procedure-oriented programing language that manipulates symbols in the form of lists

(4)a speech defect that involves pronouncing `s' like voiceless `th' and `z' like voiced `th'

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉リス族
読みりすぞく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ロロ語

(2)a Loloish language

さらに詳しく


言葉ロリス
読みろりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)霊長目(サル目)(Primates)ロリス科(Lorisidae)ロリス亜科(Lorinae)の哺乳類の総称。
ネコほどの大きさで、顔が丸く、目が大きい。夜行性。
「ノロマザル(鈍間猿)」,「ドウケザル(道化猿)」,「懶猴(ランコウ)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉アイリス
読みあいりす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)剣の形をした葉と、3つの花弁と3つの垂れ下がった萼片から構成されている明るい色の花を付ける直生の茎のある植物

(2)plants with sword-shaped leaves and erect stalks bearing bright-colored flowers composed of three petals and three drooping sepals

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]