"を"がつく名詞

"を"がつく名詞 "を"がつく名詞の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。 文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から30件目を表示次の30件 >
言葉気を付け
読みきをつけ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)訓練や閲兵のときに軍人がとる

(2)腕を両側におき、足を揃える不動の直立姿勢

(3)assumed by military personnel during drill or review

(4)a motionless erect stance with arms at the sides and feet together; assumed by military personnel during drill or review; "the troops stood at attention"

さらに詳しく


言葉阿部サダヲ
読みあべさだを
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)俳優/ミュージシャン

さらに詳しく


言葉風邪を引く
読みかぜをひく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)絆創膏(バンソウコウ)・ゴムなどが時間が経って機能しなくなる。

(2)粉末が湿気をおびる。

(3)風邪に罹(カカ)る。

さらに詳しく


言葉九字を切る
読みくじをきる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)「臨(リン)兵(ピョウ)闘(トウ)者(シャ)皆(カイ)陣(チン)列(レツ)在(ザイ)前(ゼン)」の九字を唱え、指先で上から下へ縦に四線、左から右へ横に五線を空中に描くこと。
すべての災を払い、その身をまもるという。
転じて、勝利を得るために武士の出陣式の祝言などに行われ、さらに忍者の保身の呪(マジナ)いにも用いられた。

さらに詳しく


言葉しいたけを
読みしいたけを
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

言葉茶を挽く
読みちゃをひく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)碾茶(テンチャ)を茶臼(チャウス)で挽いて抹茶(マッチャ)を作る。

さらに詳しく


言葉臍を噛む
読みほぞをかむ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)後悔(コウカイ)してもすでに及ばないこと。後悔する、悔(ク)いる、悔やむこと。
「臍を食う」,「ぜいせい(噬臍,噬斉)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉臍を噬む
読みほぞをかむ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)後悔(コウカイ)してもすでに及ばないこと。後悔する、悔(ク)いる、悔やむこと。
「臍を食う」,「ぜいせい(噬臍,噬斉)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉峰さを理
読みみねさをり
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)女優/伝統芸能・演芸/歌手/声優

さらに詳しく


言葉埒を明く
読みらちをあく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)きまりを着ける。はかどるようにする。かたを着ける。

さらに詳しく


言葉ヲコト点
読みをことてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)漢文訓読のため、漢字に添えた送り仮名に相当する記号。
訓読の際には、添えられた記号の形(・,━,レ)と位置により補読する。
平安初期にはじまり、仮名を書くより便利なことから発達し、室町時代ころまで使われた。
学者の博士家点(ハカセケテン)、僧侶の仏家点、儒学者の儒家点などの形式があった。

さらに詳しく


言葉乎古止点
読みをことてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)漢文訓読のため、漢字に添えた送り仮名に相当する記号。
訓読の際には、添えられた記号の形(・,━,レ)と位置により補読する。
平安初期にはじまり、仮名を書くより便利なことから発達し、室町時代ころまで使われた。
学者の博士家点(ハカセケテン)、僧侶の仏家点、儒学者の儒家点などの形式があった。

さらに詳しく


言葉乎己止点
読みをことてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)漢文訓読のため、漢字に添えた送り仮名に相当する記号。
訓読の際には、添えられた記号の形(・,━,レ)と位置により補読する。
平安初期にはじまり、仮名を書くより便利なことから発達し、室町時代ころまで使われた。
学者の博士家点(ハカセケテン)、僧侶の仏家点、儒学者の儒家点などの形式があった。

さらに詳しく


言葉遠古登点
読みをことてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)漢文訓読のため、漢字に添えた送り仮名に相当する記号。
訓読の際には、添えられた記号の形(・,━,レ)と位置により補読する。
平安初期にはじまり、仮名を書くより便利なことから発達し、室町時代ころまで使われた。
学者の博士家点(ハカセケテン)、僧侶の仏家点、儒学者の儒家点などの形式があった。

さらに詳しく


言葉油を売る
読みあぶらをうる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)仕事の途中で怠(ナマ)ける・時間をつぶす。

(2)無駄話(ムダバナシ)をして時を過す。無駄話で時間を浪費する。

さらに詳しく


言葉お茶を挽く
読みおちゃをひく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)暇で用がないこと。または、仕事をせずにブラブラしていること。

(2)(芸者・遊女・女給などが)客がなくて暇(ヒマ)であること。

さらに詳しく


言葉御茶を挽く
読みおちゃをひく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)暇で用がないこと。または、仕事をせずにブラブラしていること。

(2)(芸者・遊女・女給などが)客がなくて暇(ヒマ)であること。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉桂を折る
読みかつらをおる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)官吏の登用試験に及第(合格)する。

さらに詳しく


言葉かわのをとや
読みかわのをとや
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)俳優/お笑い芸人/声優/ナレーター/DJ・パーソナリティー

さらに詳しく


言葉倉田てつを
読みくらたてつを
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

言葉小島なをみ
読みこじまなをみ
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)モデル

さらに詳しく


言葉鷺を烏
読みさぎをからす
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)白を黒というように、理不尽なこと強引に言い紛(マギ)らすこと。

さらに詳しく


言葉鈴木ゆきを
読みすずきゆきを
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

言葉高を括る
読みたかをくくる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)安易に規模・程度などを低く予想する。見くびって低く決めてかかる。軽く見る。

(2)たいしたことはないと見くびる。高が知れているとあなどる。

さらに詳しく


言葉眞鍋かをり
読みまなべかをり
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)タレント

さらに詳しく


言葉身を知る雨
読みみをしるあめ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)涙腺により分泌される澄んだ塩気のある塩分を含んだ溶液の一滴

(2)a drop of the clear salty saline solution secreted by the lacrimal glands; "his story brought tears to her eyes"

さらに詳しく


言葉山田キヌヲ
読みやまだきぬを
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

姉妹サイト紹介
言葉詫びを入れる
読みわびをいれる
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)謝罪する。

(2)(ヤクザなどが)代償を持って謝罪する。

さらに詳しく


言葉麻倉かをる
読みあさくらかをる
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)タレント

さらに詳しく


言葉歌里かをり
読みうたざとかをり
品詞名詞
カテゴリ人名
意味

(1)モデル

さらに詳しく


1件目から30件目を表示次の30件 >
[戻る]