しで始まりんで終わる言葉

しで始まりんで終わる言葉の一覧を表示しています。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みしん
品詞形容詞
カテゴリ
意味

(1)たった今(あるいは比較的最近)生まれてきた、作られた、獲得された、または発見されたこと

(2)知られていない

(3)長い期間でない

(4)having just (or relatively recently) come into being or been made or acquired or discovered

(5)not of long duration

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ある主義や人物に対する忠義や忠心

(2)うそつきでない、または偽善的でない

(3)事態が順調に行くだろうという、確固とした見込みがある状態

(4)人または組織に宛てた書かれたメッセージ

(5)人間の運命を支配する超自然的な力、または能力への強い確信

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)不安定な動き

(2)恐怖にほとんど胸高鳴るような興奮

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)広くその価値を認められている言い方

(2)簡略されているが記憶すべき言いならわしで、多くの人々が真実と考える経験上の重要な事実を表している

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ある物体の中心

(2)毛管の活動で液体を運ぶ管の一部のどれか

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(中国で)山西省(Shangxi Sheng)の略称。

(2)中国五代の王朝の一国( 936~ 946)。 石敬(「王」偏+「唐」)(Shi Jingtang)(セキ・ケイトウ)( 892~ 942)が遼(Liao)の助けを受けて後唐(Hou Tang)(コウトウ)を滅ぼして建国。都は大梁(Daliang)(開封)。二世の出帝(Chu Di)のときに遼に滅ぼされた。 「後晋(Hou Jin)(コウシン)」,「石晋(Shi Jin)(セキシン)」とも呼ぶ。(燕雲十六州)

(3)中国周代の侯国(BC.1106~BC. 376)。

(4)中国六朝時代の統一王朝( 265~ 419)。西晋(Xi Jin)と東晋(Dong Jin)の総称。 西晋は、三国の魏(Wei)の権臣司馬炎(Sima Yan)が魏室を奪って武帝(Wu Di)を称してより( 265)、4伝して愍帝(Min Di)の代に五胡喪乱のため社稷が覆えるまで( 316)の52年間。 東晋は、一族の司馬睿(Sima Rui)(エイ)が江北を逃れて江南に移って建業(Jianye)(現在の南京)を都として新たに建国し元帝(Yuan Di)を称してより( 317)、11伝して恭帝(Gong Di)の代にその臣劉裕(Liu Yu)に廃されるまで( 420)の104年間。 西晋の武帝の占田法や官吏選考の九品中正制、清談の盛行、中国仏教の組織化、道教の形成、文学・芸術の隆昌など特色ある時代である。〈西晋( 265~ 316)〉 初代:武帝(世祖):司馬炎。 二代:恵帝(Hui Di):司馬衷(Zhong)。 三代:懐帝(Huai Di):司馬熾(Chi)。 四代:愍帝:司馬(「業」偏+「郡」-「君」)(Ye)。〈東晋( 317~ 420)〉 初代:元帝。 二代:明帝。 三代:成帝。 四代:康帝。 五代:穆帝。 六代:哀帝。 廃帝( 366~ 370)。 七代:簡文帝。 八代:孝武帝。 九代:安帝。 十代:恭帝。

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(中国で)山西省(Shangxi Sheng)の略称。

(2)中国五代の王朝の一国( 936~ 946)。 石敬(「王」偏+「唐」)(Shi Jingtang)(セキ・ケイトウ)( 892~ 942)が遼(Liao)の助けを受けて後唐(Hou Tang)(コウトウ)を滅ぼして建国。都は大梁(Daliang)(開封)。二世の出帝(Chu Di)のときに遼に滅ぼされた。 「後晋(Hou Jin)(コウシン)」,「石晋(Shi Jin)(セキシン)」とも呼ぶ。(燕雲十六州)

(3)中国周代の侯国(BC.1106~BC. 376)。

(4)中国六朝時代の統一王朝( 265~ 419)。西晋(Xi Jin)と東晋(Dong Jin)の総称。 西晋は、三国の魏(Wei)の権臣司馬炎(Sima Yan)が魏室を奪って武帝(Wu Di)を称してより( 265)、4伝して愍帝(Min Di)の代に五胡喪乱のため社稷が覆えるまで( 316)の52年間。 東晋は、一族の司馬睿(Sima Rui)(エイ)が江北を逃れて江南に移って建業(Jianye)(現在の南京)を都として新たに建国し元帝(Yuan Di)を称してより( 317)、11伝して恭帝(Gong Di)の代にその臣劉裕(Liu Yu)に廃されるまで( 420)の104年間。 西晋の武帝の占田法や官吏選考の九品中正制、清談の盛行、中国仏教の組織化、道教の形成、文学・芸術の隆昌など特色ある時代である。〈西晋( 265~ 316)〉 初代:武帝(世祖):司馬炎。 二代:恵帝(Hui Di):司馬衷(Zhong)。 三代:懐帝(Huai Di):司馬熾(Chi)。 四代:愍帝:司馬(「業」偏+「郡」-「君」)(Ye)。〈東晋( 317~ 420)〉 初代:元帝。 二代:明帝。 三代:成帝。 四代:康帝。 五代:穆帝。 六代:哀帝。 廃帝( 366~ 370)。 七代:簡文帝。 八代:孝武帝。 九代:安帝。 十代:恭帝。

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a state of confident hopefulness that events will be favorable

(2)a state of confident hopefulness that events will be favorable; "public confidence in the economy"

(3)a strong belief in a supernatural power or powers that control human destiny

(4)a strong belief in a supernatural power or powers that control human destiny; "he lost his faith but not his morality"

(5)a written message addressed to a person or organization

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a shaky motion

(2)a shaky motion; "the shaking of his fingers as he lit his pipe"

(3)an almost pleasurable sensation of fright

(4)an almost pleasurable sensation of fright; "a frisson of surprise shot through him"

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a condensed but memorable saying embodying some important fact of experience that is taken as true by many people

(2)a saying that is widely accepted on its own merits

さらに詳しく


言葉
読みしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)any piece of cord that conveys liquid by capillary action

(2)any piece of cord that conveys liquid by capillary action; "the physician put a wick in the wound to drain it"

(3)the center of an object

(4)the center of an object; "the ball has a titanium core"

さらに詳しく


言葉シアン
読みしあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国中部の都市

(2)光のための主要な減法混色の色

(3)刺激的なアーモンド臭の無色の有毒ガス

(4)化学兵器戦争で使用された

(5)紀元前221―206年、古代中国王朝の首都

さらに詳しく


言葉思案
読みしあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)あることを注意深く考える過程

(2)思いやりのある、思慮深い行為

(3)慎重に何かを考慮するというあなたの頭を使う過程

(4)誰かまたは何かに対する畏敬の念

さらに詳しく


言葉シアン
読みしあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a city of central China

(2)a city of central China; capital of ancient Chinese empire 221-206 BC

(3)a colorless toxic gas with a pungent almond odor

(4)a colorless toxic gas with a pungent almond odor; has been used in chemical warfare

(5)a primary subtractive color for light

さらに詳しく


言葉思案
読みしあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a considerate and thoughtful act

(2)a feeling of profound respect for someone or something

(3)a feeling of profound respect for someone or something; "the fear of God"; "the Chinese reverence for the dead"; "the French treat food with gentle reverence"; "his respect for the law bordered on veneration"

(4)the process of giving careful thought to something

(5)the process of using your mind to consider something carefully

さらに詳しく


言葉思案
読みしあん
品詞動詞
カテゴリ
意味

(1)よく考える、慎重審議する

(2)主題に関して深く考える

(3)慎重に思い遣る

(4)慎重に見る

(5)推論、決定をするためまたは、結論や判断に達するために心、あるいは理性を使うまたはを発揮する

さらに詳しく


言葉死因
読みしいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)死をもたらす病因

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉子音
読みしいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)子音を表すアルファベット文字

(2)母音でない音声

さらに詳しく


言葉死因
読みしいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)the causal agent resulting in death

(2)the causal agent resulting in death; "heart disease is the biggest killer in the United States"

さらに詳しく


言葉子音
読みしいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a letter of the alphabet standing for a spoken consonant

(2)a speech sound that is not a vowel

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]