"ギ"で終わる5文字の言葉

"ギ"で終わる5文字の言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉アキタスギ
読みあきたすぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)秋田県北部に産するスギ(杉)。良質の建築材。

さらに詳しく


言葉アナウサギ
読みあなうさぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)長い耳と短い尾があるウサギ科の様々なせん孔動物のいずれか

(2)一部はペットまたは食用に家畜化されて飼育された

(3)some domesticated and raised for pets or food

(4)any of various burrowing animals of the family Leporidae having long ears and short tails; some domesticated and raised for pets or food

さらに詳しく


言葉イソフサギ
読みいそふさぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アカザ目(Centrospermae)ヒユ科(Amaranthaceae)イソフサギ属(Philoxerus)の多年草。
暖地の海岸の岩上に生える。
多肉質で、全体に無毛。茎は地をはい、よく分枝して広がり、高さ約2~5センチメートル。
葉は対生し、長さ4~8ミリメートルと小さく、ヘラ状倒卵形で光沢がある。
7~8月、淡紅色の花を開き、果実は赤い。
本州の和歌山県以南~沖縄県に分布。

さらに詳しく


言葉ウミウナギ
読みうみうなぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ウミヘビ・アナゴ・ウツボなどの俗称。

(2)(特に)マアナゴ(真穴子)の別称。

さらに詳しく


言葉カットゥギ
読みかっとぅぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大根のキムチ(朝鮮漬け)。

さらに詳しく


言葉カラスムギ
読みからすむぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)食物や家畜の飼料として使用される穀物(主に複数形で「オート麦」と呼ばれる)

(2)一年の草のアヴィーナ・サティヴァ(『オート麦』として複数形で主に話される)の種

(3)ヨーロッパと北アフリカの一年生の草

(4)seed of the annual grass Avena sativa (spoken of primarily in the plural as `oats')

(5)grains used as food and fodder (referred to primarily in the plural: `oats')

さらに詳しく


言葉カワヤナギ
読みかわやなぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)北米東部の小さなヤナギで、灰色がかった葉を持ち、葉より先に絹毛の密生した尾状花序が出る

(2)small willow of eastern North America having greyish leaves and silky catkins that come before the leaves

さらに詳しく


言葉キイロハギ
読みきいろはぎ
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)魚類。

さらに詳しく


言葉シギウナギ
読みしぎうなぎ
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)魚類。

さらに詳しく


言葉スズメムギ
読みすずめむぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)カラスムギ(烏麦)の別称。

さらに詳しく


言葉ソウシハギ
読みそうしはぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フグ目(Tetraodontiformes)カワハギ科(Monacanthidae)ウスバハギ属(Aluterus)の海魚。
成魚の体長50~80センチメートル。体は側扁し、吻(フン)が長く、尾ビレは大きくて後縁が円い。体色は青みを帯びた淡灰色。
幼魚は体が細長く、頭を下にして海底に倒立する習性があり、体色も海藻に似ており、擬態の好例とされる。
食用のウマヅラハギに似るが、猛毒パリトキシンを含み、フグの最大70倍の毒を持つ。
本州中部以南の暖海に生息。

さらに詳しく


言葉タチヤナギ
読みたちやなぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キントラノオ目(Malpighiales)ヤナギ科(Salicaceae)ヤナギ属(Salix)の落葉小高木。高さ10~15メートル。雌雄異株。
早春、葉とほぼ同時に雌雄の花穂を別株に生じ、雄花は黄色で雌花は淡緑色。

さらに詳しく


言葉ドクウツギ
読みどくうつぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)バレリーナが着ける非常に短いスカート

(2)very short skirt worn by ballerinas

さらに詳しく


言葉ナキウサギ
読みなきうさぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アジアと北米西部の岩がちの高地の小さな短い耳をもった穴に棲む哺乳類

(2)small short-eared burrowing mammal of rocky uplands of Asia and western North America

さらに詳しく


言葉ナツコムギ
読みなつこむぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ライムギの別称。

さらに詳しく


言葉ニガヨモギ
読みにがよもぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キク科ヨモギ属またはセリフィディウム属のいくつかの丈の低い草本の総称

(2)ユーラシアの温帯地域と北アフリカに産する香りのある草本で、苦い味がアブサンリキュールを作るのに使われる

(3)aromatic herb of temperate Eurasia and North Africa having a bitter taste used in making the liqueur absinthe

(4)any of several low composite herbs of the genera Artemisia or Seriphidium

さらに詳しく


言葉ヌタウナギ
読みぬたうなぎ
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)魚類。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉ネコヤナギ
読みねこやなぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)北米東部の小さなヤナギで、灰色がかった葉を持ち、葉より先に絹毛の密生した尾状花序が出る

(2)small willow of eastern North America having greyish leaves and silky catkins that come before the leaves

さらに詳しく


言葉ハダカムギ
読みはだかむぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)その粒が北アメリカの主な黒パンの材料、また、飼料と土壌改良の成分となる北ヨーロッパで広く耕される耐寒性一年生植物穀草の芝生

(2)hardy annual cereal grass widely cultivated in northern Europe where its grain is the chief ingredient of black bread and in North America for forage and soil improvement

さらに詳しく


言葉ヒキヨモギ
読みひきよもぎ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)([学]Siphonostegia chinensis)シソ目(Lamiales)ゴマノハグサ科(crophulariaceae)ヒキヨモギ属(Siphonostegia)の一年草。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]