"ら"で終わる4文字の名詞

"ら"で終わる4文字の名詞 "ら"で終わる4文字の名詞の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉アイコラ
読みあいこら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アイドル女性の顔と、ヌード女性の体を合成した画像のこと。

さらに詳しく


言葉アウロラ
読みあうろら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)曙(アケボノ)の女神。

さらに詳しく


言葉アオガラ
読みあおがら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)明るいコバルトブルーの翼、尾と頭のとさかの配布されたヨーロッパのシジュウカラ

(2)widely distributed European titmouse with bright cobalt blue wings and tail and crown of the head

さらに詳しく


言葉アオゲラ
読みあおげら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ヨーロッパ・アジア西部のキツツキ

(2)woodpecker of Europe and western Asia

さらに詳しく


言葉緑啄木鳥
読みあおげら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キツツキ目(Piciformes)キツツキ科(Picidae)アオゲラ属(Picus)の鳥。日本の固有種。
全長約30センチメートル。
体色は背面が暗緑色で、頭・頬に赤斑があり、オスは頭頂部、メスは後頭部が鮮紅色。
アリを捕食する。
本州以南に生息。

さらに詳しく


言葉アオベラ
読みあおべら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キュウセンのオス(雄)。

さらに詳しく


言葉アカゲラ
読みあかげら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キツツキ目(Piciformes)キツツキ科(Picidae)アカゲラ属(Dendrocopos)の鳥。
全長約25センチメートル。
体色は背面が黒色で白斑があり、下腹部は赤く、オスは後頭部は鮮紅色。
クチバシで突いて樹の幹に穴をあけ、長い舌で昆虫を捕食する。
ヨーロッパからアジアにかけて広く生息する。日本では本州などに生息する最も普通のキツツキ。北海道には亜種のエゾアカゲラ(蝦夷啄木鳥)(Picoides major japonicus)が生息。〈アカゲラ属〉
コゲラ(小啄木鳥):Dendrocopos kizuki。
コアカゲラ(小赤啄木鳥):Dendrocopos minor。
オオアカゲラ(大赤啄木鳥):Dendrocopos leucotos。

さらに詳しく


言葉赤啄木鳥
読みあかげら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キツツキ目(Piciformes)キツツキ科(Picidae)アカゲラ属(Dendrocopos)の鳥。
全長約25センチメートル。
体色は背面が黒色で白斑があり、下腹部は赤く、オスは後頭部は鮮紅色。
クチバシで突いて樹の幹に穴をあけ、長い舌で昆虫を捕食する。
ヨーロッパからアジアにかけて広く生息する。日本では本州などに生息する最も普通のキツツキ。北海道には亜種のエゾアカゲラ(蝦夷啄木鳥)(Picoides major japonicus)が生息。〈アカゲラ属〉
コゲラ(小啄木鳥):Dendrocopos kizuki。
コアカゲラ(小赤啄木鳥):Dendrocopos minor。
オオアカゲラ(大赤啄木鳥):Dendrocopos leucotos。

さらに詳しく


言葉アカハラ
読みあかはら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大学構内で、教授や教職員が行う嫌がらせ行為のこと。

さらに詳しく


言葉アカベラ
読みあかべら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キュウセンのメス(雌)。

さらに詳しく


言葉アキュラ
読みあきゅら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ホンダ(本田技研工業)社製の高級乗用車(セダン)レジェンド(LEGEND)の北米ブランド名。

さらに詳しく


言葉アクセラ
読みあくせら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)マツダ社製の小型乗用車(セダン)。
ヨーロッパ名は「Mazda3(マツダ3)」。

さらに詳しく


言葉アクモラ
読みあくもら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中央アジア、カザフスタン共和国中北部の州。

(2)カザフスタン共和国の首都アスタナの旧称。

さらに詳しく


言葉アサガラ
読みあさがら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ツツジ目(Ericales)エゴノキ科(Styracaceae)アサガラ属(Pterostyrax)の落葉高木。
「アサギ(麻木)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉あしがら
読みあしがら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)海上自衛隊のイージス艦。
7,700トン。

さらに詳しく


言葉アシュラ
読みあしゅら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)闘争を好むインドの鬼神の一族。
仏法守護神の八部衆(ハチブシュウ)の一つ。
「修羅(シュラ)」とも略称する。

(2)イランの長距離弾道ミサイル。固体燃料を使用。 射程2,000キロメートル。 シャハブ3(Shahab-3)中距離ミサイルをベースに開発されたと見られている。ザル)

(3)イスラム教シーア派の重要な宗教行事。 第3代目イマーム(指導者)のフサイン(Husayn)がカルバラ(Karbala)で殉教した日、イスラム暦ムハッラム(Muharram)(第1月)10日に行われる哀悼祭。 殉教を悼(イタ)み前日に夜を徹して、フサインが鎖で打たれた故事に因(チナ)み、男たちが拳(コブシ)で自らの胸を叩(タタ)いたり、鎖で背を叩くなどして苦しみを追体験しながら、詩句を詠唱して練り歩く。 命日当日には、白装束の男たちが刀で自らの頭を切りつけながら行進する。

さらに詳しく


言葉アストラ
読みあすとら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ドイツの、オペル(Opel)社製の小型車。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉アスパラ
読みあすぱら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アスパラガスの若い芽。
栽培法で白いものと緑のものがある。

さらに詳しく


言葉アスマラ
読みあすまら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)エリトリアの首都

(2)the capital of Eritrea

さらに詳しく


言葉アセロラ
読みあせろら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)熱帯アメリカの低木になるサクランボに似た赤か黄色のすっぱい実で、ビタミンCが豊富

(2)acid red or yellow cherry-like fruit of a tropical American shrub very rich in vitamin C

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]