最初から2文字目に"ん"がくる言葉

最初から2文字目に"ん"がくる言葉の一覧を表示しています。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)生まれつき肌にある斑紋

さらに詳しく


言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)詰めたり、形を作ったり、保護したり、より心地好くするために用いられる柔らかいあるいは弾力のある人工品

さらに詳しく


言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)配置の計画

さらに詳しく


言葉アン
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)イギリスの女王(1665~1714)。在位:1702~1714。スチュアート王朝(Stuart Dynasty)最後の君主。
ジェームズ二世(James II)の娘、メアリー二世(Mary II)の妹。
1707(宝永 4)イングランド王国とスコットランド王国が合同してグレート・ブリテン王国(Kingdom of Great Britain)が成立。
「アン女王(Queen Anne)」とも呼ぶ。

(2)英語圏の女性名。

さらに詳しく


言葉あん
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アズキ(小豆)などのマメ類を煮てすり潰し、砂糖を加えて練ったもの。
漉(コ)し餡と粒餡(ツブアン)がある。
「あんこ(あんこ,餡こ,餡子)」とも呼ぶ。

(2)葛粉(クズコ)・片栗粉(カタクリコ)などでとろ味をつけた調味汁。葛餡(クズアン)。

(3)饅頭(マンジュウ)・モチ(餅)などの中に入れる、調味した具材(グザイ)。

さらに詳しく


言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)a blemish on the skin that is formed before birth

さらに詳しく


言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)artifact consisting of soft or resilient material used to fill or give shape or protect or add comfort

さらに詳しく


言葉
読みあん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)an arrangement scheme

(2)an arrangement scheme; "the awkward design of the keyboard made operation difficult"; "it was an excellent design for living"; "a plan for seating guests"

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)飲み込む行為

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)勝手気ままな性欲(七つの大罪の1つとして体現される)

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)2つかそれ以上の文の音の一致(特に最終音の)

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)神聖な礼拝のための建築物からなる崇拝の場所

さらに詳しく


言葉イン
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)旅行者用のホテル

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)何かの起源である発生力を提供する出来事

(2)結果に偶然結びつくもの

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)勝手気ままな性欲(七つの大罪の1つとして体現される)

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大宝令(タイホウリョウ)の制で、弾正台(ダンジョウダイ)の長官。
「弾正尹(ダンジョウノカミ)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国の、実在の確認された最古の王朝。
『史記』によれば、殷の始祖湯王(Tang Wang)(トウオウ)が夏(Xia)(カ)の桀王(Jie Wang)(ケツオウ)を討って王朝を開き、31代約600年間続き、紂王(Zhou Wang)(チュウオウ)の時に周(Zhou)の武王(Wu Wang)に滅ぼされた。紀元前約1,600年から前1,027年ころと推測される。
おおよそ黄河(Huang He)の中下流一帯に拠った国で、黄河デルタの済水(Jishui)のほとりを中心として、初め亳(Bo)(ハク)(河南省偃師)に都を置いた。数度遷都したらしいが、磐庚(Pan-geng)(バンコウ)のとき殷墟(Yinxu)(インキョ)(河南省安陽県)に移し、以後10代続いた。また、華中・華南から東南アジアまでも交易圏にあったことが考古学的に知られる。
宗教的原始信仰にもとづく卜占(ボクセン)による政治(祭政一致)が行われ、甲骨(コウコツ)文字が使用された。甲骨文字の解読から、王権の強大さ、宗教的色彩の強い社会、氏族制や奴隷の存在が知られ、奴隷の「いけにえ」も行われていた。
上流階級では青銅器が、一般には土器・木器・石器などが使用された。また、農業・牧畜・養蚕などもわかったが、未解決な点も多い。
「商(Shang)(ショウ)」,「殷商(Yinshang)(インショウ)」とも呼ぶ。〈歴代王〉
< 1>湯王(大乙)。
< 2>大丁(太丁)。
< 3>外丙。
< 4>中壬。
< 5>大甲(太甲,太宗)。
< 6>沃丁。
< 7>大庚(太庚)。
< 8>小甲。
< 9>雍己。
<10>大戊(太戊)。
<11>中丁。
<12>外壬。
<13>河亶甲。
<14>祖乙(中宗,高祖)。
<15>祖辛。
<16>沃甲(開甲)。
<17>祖丁。
<18>南庚。
<19>陽甲。
<20>盤庚。
<21>小辛。
<22>小乙。
<23>武丁(高宗)。
<24>祖庚。
<25>祖甲。
<26>廩辛。
<27>康丁。
<28>武乙。
<29>文丁。
<30>帝乙。
<31>帝辛(紂王)。
文物出版者『中國歴史年代簡表』などによる。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)the act of swallowing

(2)the act of swallowing; "one swallow of the liquid was enough"; "he took a drink of his beer and smacked his lips"

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)self-indulgent sexual desire (personified as one of the deadly sins)

さらに詳しく


言葉
読みいん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)correspondence in the sounds of two or more lines (especially final sounds)

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]