"ぴょ"がつく名詞

"ぴょ"がつく名詞の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。 文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉雲豹
読みうんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)食肉目(Carnivora)(ネコ目)ネコ科(Felidae)の哺乳類。
ヒョウに似ているがやや小さく、体長約1メートルほど。
体色は灰色または黄褐色で、体側に濃色の大きな雲形斑がある。犬歯は長大で、シカやサルなどを捕食。夜行性。
ヒマラヤ東部から東南アジア・中国南部・台湾などの樹上に生息。
「タイワンヒョウ(台湾豹)」,「タイワントラ(台湾虎)」とも呼ぶ。

(2)(Yunbao)台湾国産の装輪装甲車CM32の通称。

さらに詳しく


言葉かんぴょう
読みかんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ユウガオの若い果実の肉部(果肉)細く薄く紐状(ヒモジョウ)に長くむきいて天日に干した食品。
醤油・砂糖で甘辛く煮て、海苔(ノリ)巻き鮨のネタ(種)や、昆布(コブ)巻きなどを縛って煮物にしたりする。
栃木県・茨城県の名産。

さらに詳しく


言葉カンピョウ
読みかんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ユウガオの若い果実の肉部(果肉)細く薄く紐状(ヒモジョウ)に長くむきいて天日に干した食品。
醤油・砂糖で甘辛く煮て、海苔(ノリ)巻き鮨のネタ(種)や、昆布(コブ)巻きなどを縛って煮物にしたりする。
栃木県・茨城県の名産。

さらに詳しく


言葉乾瓢
読みかんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ユウガオの若い果実の肉部(果肉)細く薄く紐状(ヒモジョウ)に長くむきいて天日に干した食品。
醤油・砂糖で甘辛く煮て、海苔(ノリ)巻き鮨のネタ(種)や、昆布(コブ)巻きなどを縛って煮物にしたりする。
栃木県・茨城県の名産。

さらに詳しく


言葉干瓢
読みかんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ユウガオの若い果実の肉部(果肉)細く薄く紐状(ヒモジョウ)に長くむきいて天日に干した食品。
醤油・砂糖で甘辛く煮て、海苔(ノリ)巻き鮨のネタ(種)や、昆布(コブ)巻きなどを縛って煮物にしたりする。
栃木県・茨城県の名産。

さらに詳しく


言葉信憑
読みしんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(誰かまたは何かを)信じる気持ち

(2)収入または主要な項目を認めている会計項目

(3)事態が順調に行くだろうという、確固とした見込みがある状態

(4)ある事が信用でき、事実として受け入れるべきであるという心構え

(5)a feeling of trust (in someone or something); "I have confidence in our team"; "confidence is always borrowed, never owned"

さらに詳しく


言葉選評
読みせんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(本や劇について)批評的評価をする小論または記事

(2)何かについての真剣な調査と判断

(3)an essay or article that gives a critical evaluation (as of a book or play)

(4)a serious examination and judgment of something; "constructive criticism is always appreciated"

さらに詳しく


言葉前表
読みぜんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)量の間の関係を示す文字

(2)重大なことが起こることを示すと感じられる出来事

(3)注意を喚起する信号

(4)即座に明らかにならないものの知覚できる手がかり(何かが起きたはっきりと見える手がかりとして)

(5)何かまたは誰かの接近に先行し、示す何か

さらに詳しく


言葉天平
読みてんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)同じ長さでない棒のある旋回できる板からなる携帯用のはかり

(2)a portable balance consisting of a pivoted bar with arms of unequal length

さらに詳しく


言葉伝票
読みでんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)レストランでの請求書

(2)the bill in a restaurant; "he asked the waiter for the check"

さらに詳しく


言葉年表
読みねんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)時間内の事象の配列

(2)年代順に配置され、線に沿って表示される関連する事象の系列(通常左から右あるいは上から下に書かれる)

(3)an arrangement of events in time

(4)a sequence of related events arranged in chronological order and displayed along a line (usually drawn left to right or top to bottom)

さらに詳しく


言葉発表
読みはっぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)販売または配布のための印刷物を発行するビジネス

(2)正式な公式声明

(3)提案を披露する行為

(4)印刷物を発行する行為

(5)公的に展示会に出品するかまたは楽しませる行為

さらに詳しく


言葉班彪
読みはんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)後漢の歴史家(AD.   3~  54)。
字(アザナ)は叔皮(Shupi)。班固(Ban Gu)(ハン・コ)・班超(Ban Chao)(ハン・チョウ)・班昭(Ban Zhao)(ハン・ショウ)の父。
『漢書(Hanshu)』を書き始めたが、完成できずに死亡。

さらに詳しく


言葉品評
読みひんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(保険または課税等のため)何かの価値を評価する文書

(2)何かについての真剣な調査と判断

(3)a serious examination and judgment of something; "constructive criticism is always appreciated"

(4)a document appraising the value of something (as for insurance or taxation)

さらに詳しく


言葉ピョンヤン
読みぴょんやん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)朝鮮平安南道(P’yong-annam-do)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都。平安南道の道庁所在地。
北緯39.02°、東経125.75°の地。
「へいじょう(平壌)」とも呼ぶ。〈人口〉
1960(昭和35)  65万人。
1980(昭和55)約170万人。
1984(昭和59) 263万9,448人(推計)。
1987(昭和62) 235万5,000人。
1993(平成 5) 235万4,900人。
2004(平成16) 281万1,500人。

さらに詳しく


言葉平壌
読みぴょんやん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)朝鮮平安南道(P’yong-annam-do)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都。平安南道の道庁所在地。
北緯39.02°、東経125.75°の地。
「へいじょう(平壌)」とも呼ぶ。〈人口〉
1960(昭和35)  65万人。
1980(昭和55)約170万人。
1984(昭和59) 263万9,448人(推計)。
1987(昭和62) 235万5,000人。
1993(平成 5) 235万4,900人。
2004(平成16) 281万1,500人。

さらに詳しく


言葉立標
読みりっぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)航路標識の一種。
岩礁・暗礁・浅州(アサス)などの上に設置し、船舶にその位置を知らせる標識塔。
「ビーコン」とも呼ぶ。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉林彪
読みりんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国の軍人(1908~1971)。

さらに詳しく


言葉論評
読みろんぴょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)本または他のテキストに加えられた書かれた説明、批評、例証

(2)(本や劇について)批評的評価をする小論または記事

(3)文学作品の書面による評価

(4)何かについての真剣な調査と判断

(5)a written explanation or criticism or illustration that is added to a book or other textual material

さらに詳しく


言葉間氷期
読みかんぴょうき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)氷河時代、氷期と次の氷期との間の時期。
気候が温暖となり、氷河が高緯度地方まで後退した。
約10万年間隔で繰り返している。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]