うで始まりんで終わる言葉

うで始まりんで終わる言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉ウィン
読みうぃん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)古英語のルーン文字で”w”に相当する文字の読み。
「ウェン(wen)」とも読む。

(2)アメリカ合衆国中南部、アーカンソー州(Arkansas State)北東部のクロス郡(Cross County)の郡都。

さらに詳しく


言葉迂遠
読みうえん
品詞名詞
カテゴリ介護
意味

(1)認知症やてんかん患者に見られる思考障害の一種です。話の細かい部分にとらわれたり、話がまわりくどいなど、本題になかなか移らない特長があります。

さらに詳しく


言葉
読みうぉん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)韓国の通貨単位。
1ウォン(won)=100チョン(jeon)。
略称は「KRW(Korean Won)」。

さらに詳しく


言葉ウォン
読みうぉん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)韓国の通貨の基本単位

(2)北朝鮮の通貨の基本単位

さらに詳しく


言葉
読みうぉん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)北朝鮮の貨幣単位。
1ウォン(won)=100チョン(chon)。

さらに詳しく


言葉ウォン
読みうぉん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)the basic unit of money in South Korea

(2)the basic unit of money in North Korea

さらに詳しく


言葉烏桓
読みうかん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国漢代に東蒙古にいたモンゴル系遊牧民族。
前3世紀末、匈奴(Xiongnu)(キョウド)に滅ぼされ東胡(Dong Hu)(トウコ)が東西2派に分かれたうち、南方のラオハ河(老哈河)上流(熱河地方)を根拠地にした部族。一方はシラムレン川(Xar Moron)流域の鮮卑族(Xianbei Zu)(センピゾク)。
後漢(Hou Han)末期に勢力が強大になり中国北辺の脅威となったが、3世紀の初め魏(Wei)の曹操(Cao Cao)(ソウ・ソウ)によって滅ぼされた。
「うがん(烏桓,烏丸)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉右岸
読みうがん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)セーヌ川北岸のパリの地区

(2)the region of Paris on the north bank of the Seine

さらに詳しく


言葉烏金
読みうきん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)墨の別称。

(2)赤銅の別称。

さらに詳しく


言葉右舷
読みうげん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)船首か機首の方を向いた搭乗者に対し、船か航空機の右側

(2)the right side of a ship or aircraft to someone who is aboard and facing the bow or nose

さらに詳しく


言葉鬱金
読みうこん
品詞名詞
カテゴリ植物
意味

(1)ショウガ科ウコン属の植物。学名:Curcuma longa L.

さらに詳しく


言葉ウコン
読みうこん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄色い花と大型で香りの高い濃黄色の根茎を持つ、インドで広く栽培される熱帯植物

(2)香辛料と黄色い染料の原料

(3)熱帯アジアの多年生草本

(4)widely cultivated tropical plant of India having yellow flowers and a large aromatic deep yellow rhizome; source of a condiment and a yellow dye

さらに詳しく


言葉右衽
読みうじん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)衣服を右前(ミギマエ)に着ること。
中国では右衽を中華の風習とし、左衽を夷狄(イテキ)の習俗とした。

さらに詳しく


言葉羽前
読みうぜん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)旧国名。東山道の出羽(デワ)の南半分。現在の山形県の大部分。
1868年、出羽を羽前・羽後(ウゴ)に分割。
1871(明治 4)廃藩置県。
1876(明治 9)山形県となる。

さらに詳しく


言葉烏孫
読みうそん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国漢代から南北朝初期に西域にいたトルコ系遊牧民族。また、その国。
匈奴(Xiongnu)の西方の天山北路(Tianshan Beilu)、イスイククル湖([露]Ozero Issyk-Kul’)畔からイリ川([露]Reka Ili)の盆地に住んでいた。
漢が匈奴に対抗するため烏孫と結んだことで有名。漢の武帝(Wu Di)が張騫(Zhang Qian)(チョウ・ケン)を遣(ツカ)わして同盟を結び、さらに公主を降嫁させて匈奴を牽制し、西域経営を容易にした。
その後、匈奴の圧迫を受け、5世紀には柔然(Rouran)(ジュウゼン)の侵略を受け、パミール高原に移り衰えた。

さらに詳しく


言葉ウテン
読みうてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国、漢代から宋代にかけての西域オアシス都市国家の一つ。西域交通路(シルクロード)の天山南路に位置する文化・貿易上の要地。
現在の中国新疆(シンキョウ)ウイグル自治区(Xinjiang Weiwu’er Zizhiqu)、タリム盆地([英]Tarim Basin)南辺にあるホータン(Khotan)(和田)。西四鎮)

さらに詳しく


言葉雨天
読みうてん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大気中で凝縮された水蒸気から成る滴という形での水の落下

(2)water falling in drops from vapor condensed in the atmosphere

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉ウラン
読みうらん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)重い有毒の銀灰色の放射性金属元素

(2)核燃料および核兵器に用いられる

(3)多くの同位体に存在する

(4)occurs in many isotopes

(5)a heavy toxic silvery-white radioactive metallic element

さらに詳しく


言葉雨林
読みうりん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)年間降水量が多い森林

さらに詳しく


言葉烏輪
読みうりん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)太陽の別称。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]