"黄"から始まる言葉

"黄"から始まる言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉
読み
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄色か顔料

(2)向日葵か熟しているレモンの色に類似している有彩色

(3)yellow color or pigment; the chromatic color resembling the hue of sunflowers or ripe lemons

さらに詳しく


言葉黄み
読みきみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄色か顔料

(2)向日葵か熟しているレモンの色に類似している有彩色

(3)yellow color or pigment

(4)the chromatic color resembling the hue of sunflowers or ripe lemons

(5)yellow color or pigment; the chromatic color resembling the hue of sunflowers or ripe lemons

さらに詳しく


言葉黄丹
読みおうに
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)カラーコード#ee7948

(2)色の名前。

さらに詳しく


言葉黄体
読みおうたい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)妊娠が始まらない限り、それは2、3日後には退化している

(2)卵子の発散後に破裂するグラーフ卵胞で生じる黄色い内分泌組織

(3)yellow endocrine tissue that forms in a ruptured Graafian follicle following the release of an ovum; it degenerates after a few days unless pregnancy has begun

さらに詳しく


言葉黄化
読みおうか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)葉緑素のない状態で植物を成長させることで、日光を当てずに育てることにより行う

(2)the act of causing a plant to develop without chlorophyll by growing it without exposure to sunlight

(3)(botany) the act of causing a plant to develop without chlorophyll by growing it without exposure to sunlight; "the etiolation of celery"

さらに詳しく


言葉黄土
読みおうど
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)風によって蓄積された粘土と沈泥の細かい粒状の無成層の蓄積

(2)顔料として用いられる

(3)珪素とアルミナと酸化第二鉄を含んでいるさまざまな土のどれか

(4)粘土と二酸化ケイ素を混ぜ合わせた褐鉄鉱からなる顔料

(5)pigment consisting of a limonite mixed with clay and silica

さらに詳しく


言葉黄塵
読みこうじん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄色の土煙(ツチケムリ)。黄砂(コウサ)。

(2)(転じて)世俗(セゾク)のわずらわしさ・俗事・俗塵(ゾクジン)。 「巷塵(コウジン)」,「紅塵(コウジン)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉黄山
読みこうざん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)中国東部、安徽省(Anhui Sheng)(アンキショウ)南部にある72の峰から成る山塊。景勝地・避暑地。
三大主峰は最高峰の蓮花峰(Lianhua Feng)(1,873メートル)・天都峰(Tiandu Feng)・光明頂(Guangmin Ding)。
黄山四絶(sijue)(四つの絶景)は山石(shanshi)・青松(Qing-song)・雲海(yunhai)・温泉(wenquan)。
「黄岳(Huangyue)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉黄帝
読みこうてい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(五行説で)五天帝の一神。土性・中央を支配する。
「土帝(Tudi)」とも呼ぶ。

(2)古代伝説上の帝王。三皇五帝の一人。 姓は公孫(Gongsun)、名は軒轅(Xuanyuan)(ケンエン)。有熊氏(Youxiong Shi)・帝鴻氏(Dihong Shi)ともいう。 炎帝(Yandi)(エンテイ)(神農氏)の子孫の蚩尤(Chiyou)(シユウ)を倒して乱を平定し天下を統一、推されて天子となる。 暦算・律呂(音律)・宮室・書契(書式)・冠服や度量衡・幣制・医薬・弓矢などことごとくの決まりを確立。また、初めて舟を作る。 「軒轅氏(Xuanyuan Shi)」,「皇帝(Huangdi)」とも呼ぶ。頡,倉頡),かしょ(華胥)

さらに詳しく


言葉黄教
読みこうきょう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)チベット仏教(ラマ教)の新派。
15世紀初頭、ツォンカパ(宗喀巴)が従来のチベット仏教を改革して成立。厳格な戒律と教養、ラマの妻帯を禁止を特色とする。
モンゴルのアルタン・ハンの帰依や清朝の保護を受けて、チベットやモンゴルに広がり、チベット仏教の主流となった。
「黄帽派」,「ゲルク派(Gelugpa)」,「格魯派([中]Gelu Pai)」,「ゲルクパ」,「道徳派」とも呼ぶ。だらいらま(ダライ・ラマ,達頼喇嘛),ぱんちぇんらま(パンチェン・ラマ,班禅喇嘛)

さらに詳しく


言葉黄斑
読みおうはん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)葉に黄斑ができる真菌あるいはウィルス性の数種の病気の総称

(2)円錐体の中で貴重ではっきりとした詳細な視覚を伝える網膜の小さな黄色の中央部

(3)a small yellowish central area of the retina that is rich in cones and that mediates clear detailed vision

(4)any of several fungous or viral diseases characterized by yellow spotting on the leaves

さらに詳しく


言葉黄昏
読みたそがれ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)太陽が地平線の下に沈み始める夕方の時刻

(2)日没の直後

(3)太陽が地平線の下にあるのに光線が地上の大気に反射して空から散光していること

(4)the time in the evening at which the sun begins to fall below the horizon

(5)the diffused light from the sky when the sun is below the horizon but its rays are refracted by the atmosphere of the earth

さらに詳しく


言葉黄柏
読みおうばく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キハダ(黄蘖)の漢名。

(2)「きはだ(黄蘖)」の樹皮から製した染料または薬(健胃剤・消炎剤)。

さらに詳しく


言葉黄桜
読みきざくら
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄桜株式会社の日本酒のブランド名。

(2)サトザクラの園芸品種。 新緑と同時に開花し、八重咲きで淡黄緑色。

(3)大手酒造会社の一社。 本社は京都府京都市伏見区。

さらに詳しく


言葉黄梅
読みこうばい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)黄色に熟したウメ(梅)の実。
「おうばい(黄梅)」とも呼ぶ。

(2)シソ目(Lamiales)モクセイ科(Oleaceae)ソケイ属(オウバイ属)(Jasminum)の落葉小低木。中国原産。 高さは2メートルくらい。 茎は四角く、若い部分は緑色で、細長く伸び、垂れ下がった上部が接地すると発根する。 3個の小葉から成る複葉で対生。長さ2~3センチメートルの小葉は長楕円形で光沢がある。 早春、葉に先立ってウメ(梅)に似た黄色の六弁花を開く。 世界各地で鉢植え・生け垣など観賞用に栽培。 日本には江戸時代に渡来。 「オウバイ」は和名で、漢名は「迎春花(yingchunhua)(ゲイシュンカ)」。

さらに詳しく


言葉黄楊
読みつげ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)とても強く木目の細かい黄色のツゲの木材(特にセイヨウツゲ)

(2)繊細な木工で使用される:音楽楽器と象眼模様と彫刻ブロック

(3)常緑低木または小高木

(4)very hard tough close-grained light yellow wood of the box (particularly the common box); used in delicate woodwork: musical instruments and inlays and engraving blocks

さらに詳しく


言葉黄橡
読みきつるばみ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)色の名前。

(2)カラーコード#b68d4c

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉黄檗
読みおうばく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)京都府宇治市にある京阪宇治線の駅名。

(2)京都府宇治市にあるJP西日本奈良線の駅名。

さらに詳しく


言葉黄櫨
読みはぜのき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ムクロジ目(Sapindales)ウルシ科(Anacardiaceae)ウルシ属(Rhus)の落葉高木。
秋の紅葉が美しい。果実から木蝋(モクロウ)を作る。
材は器具用。
「はぜ(黄櫨,櫨)」,「はじ(黄櫨)」,「黄櫨(コウロ)」とも呼ぶ。

(2)襲(カサネ)の色目(イロメ)の一つ。 表は赤、裏が黄。一説に、表は黄、裏が萌黄(モエギ)。 晩秋・初冬に用いる。

(3)ハゼノキ(黄櫨)の別称。

さらに詳しく


言葉黄水
読みおうすい
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)肝臓によって分泌され、胆嚢に蓄えられる消化液

(2)脂肪の消化を助ける

(3)aids in the digestion of fats

(4)a digestive juice secreted by the liver and stored in the gallbladder; aids in the digestion of fats

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]