"びゃ"から始まる名詞

"びゃ"から始まる名詞の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉白衣
読みびゃくえ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)在家(ザイケ)の者。僧侶が衲衣(ノウエ)や染め衣の法衣を着ることに対して。

さらに詳しく


言葉白夜
読みびゃくや
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)真夜中に見える太陽(北極か南極圏の中で)

(2)the sun visible at midnight (inside the Arctic or Antarctic Circles)

さらに詳しく


言葉白虎
読みびゃっこ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)四神(シジン)の一つ。
西方や沢・秋をつかさどる。

(2)トウフ(豆腐)の別名。

(3)白いトラ(虎)。 君主に徳があるときにあらわれるとされる霊獣。

(4)陰陽道(オンミョウドウ)五行説の、六神(リクシン)の一神。 血の神で、婦人の月経・出産をつかさどるという。

さらに詳しく


言葉白群
読みびゃくぐん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)色の名前。

(2)カラーコード#83ccd2

さらに詳しく


言葉白月
読みびゃくげつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)古代インドの太陰暦で、新月(一日)から満月(十五日)までの半月間の呼称。上弦(ジョウジュン)の半月間。
「はくげつ(白月)」,「びゃくがつ(白月)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉白毫
読みびゃくごう
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)仏(ホトケ)の眉間(ミケン)にある右巻きの白い渦毛(ウズゲ)のかたまり。
三十二相の一つで、完全な知慧を具(ソナ)えていることを現しており、光を放ち、無量の国を照らすという。また、阿弥陀仏の白毫を観ずると、三十二相八十種好の相好(ソウゴウ)が感得できるとされる。
仏像では水晶などをはめて表現することが多い。
「白毫相(ビャクゴウソウ)」,「眉間白毫相」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉ビャクシン
読みびゃくしん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)球状の球果を持つ針葉の低木または小型高木

(2)時々、ヒトツバエニシダ属に分類される

(3)旧約聖書の杜松を構成する

(4)シリアとアラビアの砂漠に生育する低木で小さい白い花をつける

(5)coniferous shrub or small tree with berrylike cones

さらに詳しく


言葉白檀
読みびゃくだん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ビャクダン目(Santalales)ビャクダン科(Santalaceae)ビャクダン属(Santalum)の半寄生の常緑高木。インドネシア原産。
心材は黄白色で芳香がある。
仏像や美術品に用いる。
「センダン(栴檀)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉ビャクダン
読みびゃくだん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)純種のビャクダンの目の細かい香りのよい黄色い心材

(2)昆虫よけの特性があり彫刻と家具製作に使用される

(3)has insect repelling properties and is used for carving and cabinetwork

(4)close-grained fragrant yellowish heartwood of the true sandalwood; has insect repelling properties and is used for carving and cabinetwork

さらに詳しく


言葉白蓮
読みびゃくれん
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)白いエジプトスイレン:エジプトからアフリカ南東部のスイレン

(2)エジプト人は神聖であると考える

(3)white Egyptian lotus: water lily of Egypt to southeastern Africa; held sacred by the Egyptians

さらに詳しく


言葉白緑
読みびゃくろく
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)色の名前。

(2)カラーコード#d6e9ca

さらに詳しく


言葉白虎旗
読みびゃっこき
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)四神旗(シジンキ)の一つ。
白虎を刺繍したり描いたりしたもの。

さらに詳しく


言葉ビャートカ
読みびゃーとか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ロシア連邦の都市キーロフ(Kirov)の旧称。

さらに詳しく


言葉白羯磨
読みびゃくかつま
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)受戒(ジュカイ)の儀式で、受戒者がこれまでの自分の心身の経歴を書いた告白文を読み上げること。

さらに詳しく


言葉白毫寺
読みびゃくごうじ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)奈良県奈良市白毫寺町(ビャクゴウジチョウ)、高円(タカマド)山中腹にある真言律宗の寺。山号は高円山。
天智天皇の皇子志貴親王の山荘を没後、寺としたのが始まりと伝えられる。開山は勤操(ゴンソウ)。
多宝塔本尊の文殊菩薩像や、本堂本尊の阿弥陀如来座像などの諸像がある。
「一切経寺」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉辟支仏
読みびゃくしぶつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)自らの精神生活の体験によって真理を悟(サト)ろうとしている修行者。または、それを成就(ジョウジュ)した人。
「縁覚(エンガク)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉白朮
読みびゃくじゅつ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)薬用(健胃・利尿剤)、屠蘇散(トソサン)の原料の一つ。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉ビャクダン科
読みびゃくだんか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)主として熱帯の草本、低木、あるいは高木で、堅果または1個の種子を持つ果実をつける

(2)chiefly tropical herbs or shrubs or trees bearing nuts or one-seeded fruit

さらに詳しく


言葉ビャクダン目
読みびゃくだんめ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)単細胞の劣った卵巣を持っていることによって区別された植物目

(2)多くは通常、根っこに寄生し、または部分的に寄生する

(3)order of plants distinguished by having a one-celled inferior ovary; many are parasitic or partly parasitic usually on roots

さらに詳しく


言葉白蓮華
読みびゃくれんげ
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)白色の蓮花(レンゲ)。
単に「白蓮(びゃくれん,はくれん)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]