"た"で終わる3文字の名詞

"た"で終わる3文字の名詞 "た"で終わる3文字の名詞の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉アクタ
読みあくた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)模倣品・海賊版拡散防止条約の略称。
模造品の取引防止に関する国際協定。
インターネット上の違法ダウンロードの取り締まりも含まれている。

さらに詳しく


言葉アスタ
読みあすた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(スペイン語で)……まで・までは・までには。

さらに詳しく


言葉アバタ
読みあばた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天然痘がなおった後にできる、皮膚のぶつぶつの痕(アト)。
「みっちゃ」,「じゃんこ」,「いも(痘,痘痕)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉あばた
読みあばた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)天然痘がなおった後にできる、皮膚のぶつぶつの痕(アト)。
「みっちゃ」,「じゃんこ」,「いも(痘,痘痕)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉あまた
読みあまた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)大きな不明確な数

(2)十分な供給量

(3)大きい数か量または範囲

(4)a full supply; "there was plenty of food for everyone"

さらに詳しく


言葉阿由他
読みあゆた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)古代インドの数の単位。倶胝(クテイ)の100倍、那由多(ナユタ)の100分の一。

さらに詳しく


言葉阿由多
読みあゆた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)古代インドの数の単位。倶胝(クテイ)の100倍、那由多(ナユタ)の100分の一。

さらに詳しく


言葉アルタ
読みあるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(サンスクリット語で)認識作用の対象。

(2)(サンスクリット語で)実利・福利。

さらに詳しく


言葉イオタ
読みいおた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ギリシア文字の第9番目。
「イオータ(iota)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉イータ
読みいーた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ギリシア文字の第7番目。
「エータ(eta)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉エフタ
読みえふた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)『旧約聖書』「士師記(シシキ)(the Book of Judges)」に登場するイスラエルの士師(judge)の一人。

さらに詳しく


言葉エータ
読みえーた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ギリシア文字の第7番目。
「イータ(eta)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉小ヶ田
読みおがた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)秋田県北秋田市にある秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅名。

さらに詳しく


言葉オルタ
読みおるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ベルギーの建築家で、アールヌーヴォー建築の先導者(1861年−1947年)

(2)Belgian architect and leader in art nouveau architecture (1861-1947)

さらに詳しく


言葉カケタ
読みかけた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(Rio Caqueta)ジャプラ川(Rio Japura)のコロンビア名。

さらに詳しく


言葉カリタ
読みかりた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)コーヒー関連製品の製造・販売会社。
本社は大田区仲六郷。

さらに詳しく


言葉かるた
読みかるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)遊戯(ユウギ)または博奕(バクチ)に使う札。また、その遊び。
長方形の小さい厚紙に、いろいろな絵や言葉・短歌などが書いてあり、数十枚で一組になっている。
室町末期にポルトガルより伝来したカルタにならって多くの種類が作られ、大きく分けて「めくりかるた」と「よみかるた」がある。
「めくりかるた」は天正かるた・うんすんかるた・花札(ハナフダ)などで、主に賭(カ)け事に使われる。
「よみかるた」は歌がるた(百人一首)・いろはかるたなどで、知識を教えることが本来の目的で、主に正月に遊びとして行われる。牟須牟加留多),はなふだ(花札)

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉歌留多
読みかるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)堅い紙の小片のセットの1つで、色々な印がつけられていて、ゲームをしたり、運勢を占ったりするのに使用される

さらに詳しく


言葉カルタ
読みかるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)遊戯(ユウギ)または博奕(バクチ)に使う札。また、その遊び。
長方形の小さい厚紙に、いろいろな絵や言葉・短歌などが書いてあり、数十枚で一組になっている。
室町末期にポルトガルより伝来したカルタにならって多くの種類が作られ、大きく分けて「めくりかるた」と「よみかるた」がある。
「めくりかるた」は天正かるた・うんすんかるた・花札(ハナフダ)などで、主に賭(カ)け事に使われる。
「よみかるた」は歌がるた(百人一首)・いろはかるたなどで、知識を教えることが本来の目的で、主に正月に遊びとして行われる。牟須牟加留多),はなふだ(花札)

さらに詳しく


言葉加留多
読みかるた
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)トランプを使って行うゲーム

(2)a game played with playing cards

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]