"イカ"で終わる言葉

"イカ"で終わる言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。文字数は検索結果となる文字の文字数のボタンを押してください。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉イカ
読みいか
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)軟体動物。

(2)食用に調理するイカ

(3)広く分布している、三角の尾ひれに先が細くなる体型をして速く泳ぐ10本の腕を持つ頭足類の軟体動物

(4)widely distributed fast-moving ten-armed cephalopod mollusk having a long tapered body with triangular tail fins

(5)squid prepared as food

さらに詳しく


言葉スイカ
読みすいか
品詞名詞
カテゴリ食物、果物
意味

(1)堅い緑の皮と甘い赤か時々黄色がかったみずみずしい果肉のある大きな長方形または丸みがあるメロン

(2)アフリカのメロン

さらに詳しく


言葉トイカ
読みといか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)JR東海の非接触式ICカード。A)

さらに詳しく


言葉パイカ
読みぱいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)印刷で使われる線形単位(1/6インチ)

(2)a linear unit (1/6 inch) used in printing

さらに詳しく


言葉モイカ
読みもいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アオリイカの別称。

さらに詳しく


言葉ライカ
読みらいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ドイツのライツ(Ernst Leitz)社製カメラの商標名。

(2)1957.10. 4(昭和32)旧ソ連のスプートニク2号で宇宙を飛んだメス犬(1954ころ~1957.10. 4)。ハスキー犬またはその雑種。 宇宙を飛んだ世界初の地球生物。

さらに詳しく


言葉コウイカ
読みこういか
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)体長と同じ長さの細長い鰭と大きな石灰質の内殻が有る、10本の腕付きの卵型の体を持つ頭足類の軟体動物

(2)軟体動物。

(3)ten-armed oval-bodied cephalopod with narrow fins as long as the body and a large calcareous internal shell

さらに詳しく


言葉コペイカ
読みこぺいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)100のコペイカがロシアの1ルーブルと等しい

(2)100 kopecks equal 1 ruble in Russia

さらに詳しく


言葉ソデイカ
読みそでいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ツツイカ目(Teuthoida)ソデイカ科(Thysanoteuthidae)ソデイカ属(Thysanoteuthis)の大型のイカ。体長約1メートル。
外套長80~100センチメートル、重さ10~20キログラム。
ヒレ(えんぺら)は菱形で大きく、触腕に袖状の発達した保護膜がある。
環境によるが8ヶ月くらいで1メートルに成長する。
食用となる。樽流し漁で獲ることから「タルイカ(樽烏賊)」とも呼ぶ。
世界中の温帯・熱帯海域の深海に生息。

さらに詳しく


言葉チャイカ
読みちゃいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)(ロシア語で)カモメ(鴎)。

(2)(Chaika)ソ連の女性飛行士ワレンチナV.テレシコワ(Valentina Vladimirovna Tereshkova)のコード名。ワ)

(3)(Chaika)ソ連で製造(1959~1981)された乗用車名。

さらに詳しく


言葉トロイカ
読みとろいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)現代ロシアの三頭政治

(2)並んだ3頭の馬が引くロシアの乗物

(3)a Russian carriage pulled by three horses abreast

(4)a modern Russian triumvirate

さらに詳しく


言葉マツイカ
読みまついか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)スルメイカ(鯣烏賊)の別称。

(2)ホタルイカ(蛍烏賊)の別称。

さらに詳しく


言葉ミズイカ
読みみずいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ユウレイイカの別称。

(2)アオリイカの別称。

さらに詳しく


言葉アオリイカ
読みあおりいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)頭足類ツツイカ目(Teuthida)ジンドウイカ科(陣胴烏賊科)(Loliginidae)アオリイカ属(Sepioteuthis)のイカ。
胴長約45センチメートル。胴の両側全体に沿って楕円形にヒレ(ミミ)がある。足は比較的短い。
背側は黒褐色で、オスには多数の短い横縞があり、メスには淡色の斑点がある。
肉が厚く、食用で肉は柔らかくねっとりとした食感があって美味。刺身・鮨種(スシダネ)のほか、内臓を取り除いて干し、スルメ(鯣)にもする。
太平洋・インド洋の温帯・熱帯に生息。日本では本州中部以南の沿岸で普通に見られ、特に九州沿岸・相模湾で多く漁獲。
「ミズイカ(水烏賊)」,「モイカ(藻烏賊)」,「バショウイカ(芭蕉烏賊)」とも呼ぶ。
乾燥製品は「水鯣(ミズスルメ)」,「藻鯣(モスルメ)」と呼ぶ。

さらに詳しく


言葉キレナイカ
読みきれないか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)リビア東部の地方。
中心都市はベンガジ(Benghazi)。
サヌーシー教団(the Sanusi Muslim)の本拠地。

さらに詳しく


言葉ジャマイカ
読みじゃまいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)多くの貧困

(2)主要産業は観光

(3)1962年、英国より独立

(4)ジャマイカ島にある国

(5)the major industry is tourism

さらに詳しく


言葉スルメイカ
読みするめいか
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)軟体動物。

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉バラライカ
読みばららいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)三角形の本体に3本弦の弦楽器

(2)a stringed instrument that has a triangular body and three strings

さらに詳しく


言葉ホタルイカ
読みほたるいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ツツイカ目(Teuthoida)ホタルイカモドキ科(Enoploteu-thidae)ホタルイカ属(Watasenia)のイカ。
胴長は5~7センチメートル。
体表の各部に多数の発光器を備え、ホタルのように光る。
水深200~700mに生息し、4~6月の産卵期には群をなして水深80メートルまでの浅場に来て、夜に浮上し発光する。
日本近海の固有種で、本州中部以北から東シナ海北部・日本海・オホーツク海の沿岸に分布。
食用となり、特に富山湾の漁が有名。
「マツイカ(松烏賊)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉ケンサキイカ
読みけんさきいか
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ツツイカ目(Teuthoida)ヤリイカ科(Loliginidae)ヤリイカ属(Loligo)のイカ。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]