あで始まりびで終わる言葉

あで始まりびで終わる言葉の一覧を表示しています。 検索結果が多い場合は文字数で絞ることが可能です。
1件目から20件目を表示次の20件 >
言葉阿比
読みあび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)アビ目(Gaviiformes)アビ科(Gaviidae)の鳥。

さらに詳しく


言葉青火
読みあおび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)青白い陰火(インカ)。
「鬼火(オニビ)」,「狐火(キツネビ)」,「幽霊火(ユウレイビ)」とも呼ぶ。

(2)青色の炎。

さらに詳しく


言葉あくび
読みあくび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)通常、疲労か退屈によって引き起こされる

(2)口を大きく開けて、無意識のうちに息を吸うこと

(3)usually triggered by fatigue or boredom

(4)an involuntary intake of breath through a wide open mouth; usually triggered by fatigue or boredom; "he could not suppress a yawn"; "the yawning in the audience told him it was time to stop"; "he apologized for his oscitancy"

さらに詳しく


言葉欠伸
読みあくび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)倦怠・疲労・眠気などのために自然に口が開く、一種の深呼吸。

(2)漢字の旁(ツクリ)の一つ。 「飲」・「欲」などの「欠」の部分。

さらに詳しく


言葉アケビ
読みあけび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キンポウゲ目(Ranunculales)アケビ科(Lardizabalaceae)アケビ属(Akebia)のツル性(蔓性)の落葉低木。
山野に生える。
果実は長楕円形で約7センチメートル、果皮は紫色。熟すと果皮が一ヶ所縦に裂けて白い果肉が見える。
つるでアケビ細工を作り、果実は食用となる。

さらに詳しく


言葉木通
読みあけび
品詞名詞
カテゴリ植物
意味

(1)アケビ科アケビ属の植物。学名:Akebia quinata (Thunb.) Decaisne

さらに詳しく


言葉通草
読みあけび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)キンポウゲ目(Ranunculales)アケビ科(Lardizabalaceae)アケビ属(Akebia)のツル性(蔓性)の落葉低木。
山野に生える。
果実は長楕円形で約7センチメートル、果皮は紫色。熟すと果皮が一ヶ所縦に裂けて白い果肉が見える。
つるでアケビ細工を作り、果実は食用となる。

さらに詳しく


言葉アシビ
読みあしび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)ツツジ目(Ericales)ツツジ科(Ericaceae)アセビ属(Pier-is)の常緑低木。
葉は神経毒アセボトキシン(asebotoxin)、アセボチン(asebo-tin)、アセボクエルシトリン(aseboquercitrin)、アセボプルプリン(asebopurpurine)などを含み、作物の殺虫剤として、また牛馬の皮膚の寄生虫の駆除として用いられた。
「あせび(馬酔木)」,「ばすいぼく(馬酔木)」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉あせび
読みあせび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)鱗翅目シロチョウ科の標準属

(2)木質のつる植物の装飾的な常緑低木

(3)decorative evergreen shrubs of woody vines

(4)type genus of the Pieridae

さらに詳しく


言葉アセビ
読みあせび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)革のような葉と小さな花の房を持つ、アセビ属のいくつかの低木の総称

(2)any of several shrubs of the genus Andromeda having leathery leaves and clusters of small flowers

さらに詳しく


言葉馬酔木
読みあせび
品詞名詞
カテゴリ植物
意味

(1)ツツジ科アセビ属の植物。学名:Pieris japonica (Thunb.) D. Don.

さらに詳しく


言葉遊び
読みあそび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)決まったルールよりも想像力に導かれるような子供の遊び

(2)楽しみを与える行動

(3)楽しみのもとを見つけたり作ったりする性質

(4)楽しみ、または気晴らし

(5)気晴らしをしたり、楽しんだり、刺激になったりするような活動

さらに詳しく


言葉後火
読みあとび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)葬式の時、出棺(シュッカン)の後に門口(カドグチ)で焚(タ)く火。
「門火(カドビ)」,「送り火」,「鬼火(オニビ)」とも呼ぶ。

(2)婚礼の時、嫁行列を送り出した後に実家の門口で焚く火。 「門火(カドビ)」,「送り火」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉跡火
読みあとび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)葬式の時、出棺(シュッカン)の後に門口(カドグチ)で焚(タ)く火。
「門火(カドビ)」,「送り火」,「鬼火(オニビ)」とも呼ぶ。

(2)婚礼の時、嫁行列を送り出した後に実家の門口で焚く火。 「門火(カドビ)」,「送り火」とも呼ぶ。

さらに詳しく


言葉アルビ
読みあるび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フランス南部、ミディ・ピレネー地域圏(Region Midi-Pyre-nees)東部にあるタルン県(Departement Tarn)中北部の県都。

さらに詳しく


言葉アレビ
読みあれび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)フランスのオペラ作曲家(1799年−1862年)

(2)French operatic composer (1799-1862)

さらに詳しく


言葉アワビ
読みあわび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)真珠のような内部があり耳形の貝殻があるミミガイ属の様々な大きな食用の海洋腹足類動物のいずれか

(2)any of various large edible marine gastropods of the genus Haliotis having an ear-shaped shell with pearly interior

さらに詳しく


姉妹サイト紹介
言葉
読みあわび
品詞名詞
カテゴリ動物
意味

(1)軟体動物。

さらに詳しく


言葉
読みあわび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)腹足類原始腹足網(Gastropoda)古腹足上目(古腹足目)(Vetigastropoda)ミミガイ科(Haliotidae)アワビ類の巻貝の総称。
本州以南の磯に住む。殻が耳または二枚貝の片側のように見える。
殻の背面に出水孔が4~5個並び、ここから糞や卵・精子が放出される。

さらに詳しく


言葉青錆
読みあおさび
品詞名詞
カテゴリ
意味

(1)緑青の別称。

さらに詳しく


1件目から20件目を表示次の20件 >
[戻る]